2010年09月16日

Process Of Healing Takes Time. (自由に動けないストレス)





CIMG1709編集.jpg
抱っこしてあげるね。



手術から10日目。明日、抜糸です。
傷口もきれいにくっついたようで
本犬もあまり気にしなくなりました。


なので、一昨日くらいから、Eカラーを止めました。
つるつるに剃り上げられた鶏もも足にも
毛が生えてきました。
爪が伸びる、毛が伸びる、生きてる証拠で嬉しいです。


家の中では、2階のリビングの隅に
畳一畳分くらいのスペースをサークルで囲んで
サラはそこで一日の大半を過ごしています。


もちろん本人は出たがりますが(笑)
やはり他の子たちと一緒に生活するのは、まだまだ危険。
何せ、何事も気合で乗り切ろうとするオンナですから(T_T)


怪我をしてからは、トイレは庭で済ませていましたが
昨日は3回、外に出してみました。
少しはストレスが軽減できるかな、と思って。


手術した方の足は、骨頭がないので、
力を入れても関節がかみ合いませんので
ふにゅっとするらしくて、ぐにゅぐにゅした歩き方になりますが
器用に歩きます。


家の前を数十メートル歩いて、いつもの草むらでトイレ。
そのまま、いつもの散歩道を先へ進もうとします。
もう数十メートル行かせてみたのですが、
さすがに、そこで止めて、抱っこして帰りました。
今朝、ソックスが履けませんでした。腰が曲がらなくて(――゛)


外を歩くサラは、沈みがちだった顔に生気が戻った、
そんな感じでした。
ワタシも入院したとき、外の空気が美味しかった。
病院の裏庭に出たときの解放感を思い出しました。


でも外に出したときの、他の犬への反応を見て
やはりサラはUnder a lot of stressであると感じました。
本来のサラは散歩ですれ違う犬には知らんぷりなのですが
昨日は小型犬の吠えに反応しようとしたり
こっちを見ている大型犬にはガンを飛ばしたり(――゛)


犬の問題行動の大きな原因の一つはストレスで
日常生活でのストレスを軽減するだけで
問題行動が軽減される、ということを聞きましたが
(人間の子供もそうだものねぇ)
それを、実感してしまいました。
もちろん、個体差はあるでしょうが、
逆を言えば、ストレスを掛け続ければ
犬はどんどん攻撃的になるんだなぁとちょっと怖くなりました。






ラベル:犬と病院
posted by ルークママ at 10:49| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

Walking Along. (相性)





久しぶりに涼しい朝。
気温が違うと同じ散歩でも疲れ方が違います。
首周りがなんか苦しいなぁと思っていたんだけど
楽しく2周して、家に帰って鏡を見たら
Tシャツ、後ろ前。
あっちゃ〜〜(*_*;


IMG_2879.JPG


ロキの散歩はミューズと一緒が一番多い。
理由は、ミューズと一緒だと、散歩でシッコもウンチもしてくれるから。


ミューズがシッコしたら、シッコ。
ウンチしたらウンチ。
本当に面白い。
他の犬とだと、してくれるときもあれば、
1時間歩いても、しないときもある。


以前、動物学者が書いた本で
順位の高いものが、低いものの排泄物にアトガケする
とありました。


うちの場合、順位とはあまり関係がない感じもしますが
一緒に散歩していると、アトガケ?上書き?は良くあります。


メスがオシッコすると、オスは必ず上書きするし、
オス同士でも上書きします。


ルークとオーパスを一緒に庭に出すと
ルークがオシッコしている間、オーパスは脇で待っていて
その後に同じ所に掛けます。
でも決してオーパス>ルークではないんですよね。
うちの場合は、力関係、というより、
単なる習性のような気がします(^_-)


面白いのは、ミューズとロキ。
今朝も、ミューズがオシッコしたら
その匂いを嗅いで、ロキもオシッコ。
そのオシッコの匂いを嗅いで、さらにミューズがオシッコ。


この順番が逆になることもありますが、
この2匹の場合、上書きではなくて、
少し横にずれたところで一緒にするんです。


上書き、ではなくて、寄せ書きって感じ?(笑)


ロキがうちに来ることになったとき
ミューズとは年齢も近いし、両方とも未避妊のメスだし
この2匹の相性を心配する声は多かったのですが
今のところ、姉妹のように仲が良いので
これはラッキーだったと思います。



犬はもともと群れで移動する動物なので
一緒に歩くことは仲間意識を高め、
お互いの関係を築くためには大切なこと、
と聞きましたが、毎日の散歩を通して、
この2匹はお互いを受け入れるようになったのかなぁとふと思いました。


たまに口ケンカすることもありますが
どうもロキの方がちょっと強そうです(^^ゞ


おまけ
ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 12:26| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

Please Don't Leave It Out. (タン・ツゥ・ヂィ)




久々にやられました。
煮込みハンバーグ事件以来、ずいぶん気をつけていたのですが
事件は気が緩んだ頃にやってくるようです(T_T)


糖酢鶏 (タン・ツゥ・ヂィ)
鶏肉を揚げて、野菜と炒めて、甘酢あんかけにします。
我が家の人気メニュー。


じゃぁ〜〜ん。今回の犯人O ↓


IMG_2899.JPG



玉ねぎは入っていなかったものの
味は濃いいし、揚げ物だし
だいたいナスとかピーマンって犬には良くないんじゃなかったっけ?


サラのトイレに庭に出ていたときの
ほんのちょっとの時間にやられてしまった。
カウンターの奥の届かない(はずの)場所に置いたのに。
ベロが届く範囲で舐め取った形跡。
どこまで長いんだ、オーパスのベロ。


パパはまた不味い冷凍食品だったんだぞ。
嬉しそうに『パパさ〜ん♪』って飛びつくな(-"-)
パパ、今にキレるぞ。










ラベル:犬と事件
posted by ルークママ at 09:24| 東京 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

Nature Calls. (きっといつかは)






1_large.jpg

こんな記事にアスパママさんの素敵な写真を使って
申し訳ないのですが。。。。。ロキです。




昨夜、初めて自分からサークル内のトイレに入って
大をして、意気揚々と出て来たロキさん。
みんなに褒めちぎられて、満面の笑み。
『ロキちゃ〜〜ん、すごいねぇ、偉いねぇ』に対して
『でしょ?でしょ?』と本人、いたって満足げ。



やっと分かってくれたか(T_T)(T_T)(T_T)
それにしても長かったぞ。


でも分かってくれればもう大丈夫。


・・・と思ったら。
数時間後、カーペットに水溜り(T_T)(T_T)(T_T)


ダンナ 『ダメかもね』
ムスメ 『ダメかもよ』


そうかもね。


ロキは理解したんだと思うよ。
室内でしたくなったら、シートかカーペット。
お近くにある方で。
身体に悪いから我慢はしないぞって。




















ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 10:02| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

Do I Really Know What My Dogs Want ? (ゆったりと)





IMG_2834.JPG


サラの剃りあげられた鶏もも肉のような脚に
不釣り合いなほど、大きく長い手術痕。


それでも文句一つ言わずに、淡々と
ご飯を食べ、水を飲んで、トイレをするサラ。



でも現在のサラは、入院・手術の疲れや痛み、
カラーを付けていることや
自由に動けないことに因るストレスで
非常にStressfulな状況にいると思います。


どうしたら、それを少しでも軽減できるのか
悩むところです。


生き物と暮らしていると、いろんなことがあるなぁと思います。
今まで飼っていた犬や猫は、大きな怪我こそなかったけれど
病気になったり、怪我をしたり、
その結果、入院や手術もありました。


そうなると、人にも犬にも
精神的にも、肉体的にも、経済的にも大変なのですが
生き物と暮らす上で、病気や怪我は
ある意味 つきもの ではないでしょうか。


重大な疾患や障害が見つかったからと言って
老齢で動けなくなったからと言って
『どうせダメなのなら、いっそのこと』と
保健所に持ち込むようなことがありませんように。




IMG_2845.JPG


サラを見ていて思うこと。


犬は『今』を生きていて
多くのことを求めていない。
今、持てる力を最大限に生かそうとしている。
今更ながらに感じています。


『今』が安全で安心していられること
それが一番の幸せなのではなかろうか。


そして、今を安全に安心して暮らせる、ということを
具体的に考えると、
極力ストレスのない生活
なのではないかなぁと思うのです。


もちろん、何がストレスになって
どれくらいのレベルまで許容できるかは
個体差や状況に関係することですから
それはそれぞれで良いと思うのです。


さらに、犬にすべて任せる、とか
過干渉になる、というのがStress Freeな生活だとは
ワタシは思いません。


人間だって、ストレスは健康や寿命に大きく関連するのだから
動物は、もっと左右されるのではないかしら。


心が病んでいれば、身体の健康も侵されるリスクが高い。
でも逆に、できるだけ心を健やかに保つことができれば
たとえ疾患や障害があっても
犬はそれと上手に付き合いながら
安全に安心して暮らしてくれるのではないだろうか。


ときどき、検査結果の数値は悪いのに
元気に生き生きと暮らしている犬猫を見ると
心の健康の大切さを考えずにいられないのです。


ペットの動物たちは、自力で寿命を全うすることはできないから
寿命を全うさせる、ということは、
食餌や運動、睡眠なども全部含めて
現実的に可能な範囲で極力ストレスの少ない環境を整える
そういうことではないかなぁとさえ感じます。


犬が持つ、本来の強さ、生命力を維持できるように
サポートできる飼い主でありたいです。






ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 12:35| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

With Four Legs Or Two Legs; We Are A Family. (欠けてはいけない)





IMG_2455.JPG


実はサラ、入院していました。
でも今日、退院。
無事、元気に帰宅しました。


こんなにいっぱい犬がいてもね、
1匹とて欠けてはいけないんだ。
だって家族だから。
全員揃って、初めて家族なんだよね。
家族ってそういうものなんだなぁ、としみじみ思います。


なんで入院か、と言うと。
先週末、犬と衝突した衝撃で
左後足の股関節を脱臼してしまったから。


レントゲンを見ると、左後足の股関節がスポンと外れてしまっていて
大腿骨の骨頭が上に飛び出しています。
背筋がぞくっとするような位置にありました。


いくつかの選択肢を検討した結果、
骨頭切除、つまり骨頭の部分を切り取ってしまう、
という手術を火曜日にしてもらいました。


術後の経過も順調で、今日、退院しました。
元気です、というのもヘンですが
いつも通りのしっかりした表情をしています(笑)


それにしてもサラ・・・というか、犬は強い。
体調的な事情があり、鎮痛剤は手術当日しか投与していないので
動くとかなり痛いはずなのに、手術の前も術後も
自分で歩いて動きます。


手術後も、トイレのためにケージを開けると
自分から出て来て、ドアの方へ向かい、
さっさと帰ろうとしたそうです。


自分で歩いてトイレをして
キュンともヒィとも言わない。
『助けて』という目線をまったく送って来ない。


連れて帰って来たときも、車から降ろすと
ヨタヨタと歩き出し、抱っこを拒否。
家の周りを一回りして、いつもの草むらでトイレをして
玄関を開けると嬉しそうにさっさと段差を上がって家の中へ。


ごはんもガツガツ食べるし、決して弱音を吐かない。
動物ってすごいなぁ。
もしこれがワタシだったら、まず精神的に参ってしまうし、
痛みでまったく動けなくて、きっと大騒ぎするだろうなぁ。


でもサラは、淡々と自力で動きます。
弱さを見せるとか、諦めるとか、手助けしてもらうとか、
そういう選択肢は彼女にはないようです。
犬ってすごい。
を生きるってこういうことなのかも知れない。
このこそが大切なんだって
動物はちゃんと知っているんだなぁ。








ラベル:犬と病院
posted by ルークママ at 23:30| 東京 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

Pouring Rain (退屈)

image/2010-09-08T09:29:10-1.jpg



久しぶりにまとまった雨。
こちらは土砂降りand雷雨。
あの方が朝から大騒ぎです。
周りのおうちはみんなお留守なのがありがたい〜。


ありがたい、と言えば、
久しぶりの雨はありがたいのですが
せっかくの山小屋なのに外に出られないこの方たちは
ちょっとがっかりの表情(/_・、)
うちの犬たちは外トイレ派なので犬出しも大変です。


昨日は、友人たちが湖畔まで訪ねてきてくれました。
みなさん、運転お疲れさまでした!
いつも通り、あっという間に時間が過ぎ
犬行事と言うより、
ずっと食べていたような気が(爆)


実は最近、悪いことが続いている我が家。
気分も沈みがちだったのですが、
いろいろ話を聞いてもらい
また大切な情報を教えてもらったり、
また前向きに頑張ろうと気合いが入りました(^_^;


昨日のお供はロキ。
ロキちゃん、初めてのドッグラン。
ガラガラだったのでみんなで利用してみました。
Panくんとルンタンはボール遊び。
ルンタンはプールで泳ぐ!も楽しんでいました。


アスパちゃんは常にマイペース(*^_^*)
大きな犬がすぐ横にいても、
まったく動じない姿にはびっくり。
最初に会った頃は、
怖がる、という感じではなかったけれど
寄らないでオーラがあったんだけど。
今のアスパちゃんからは自信が溢れているのを感じました。


ロキもかなりマイペースでした。
ランなのに、ワタシの足元でずっと寝ていました(^_^;
他の子たちのボール遊びを見ても
一緒に走るわけでもなく
ひたすらリラックス(笑)


ラブの♂が寄って来てウロウロ。
でもロキはまったく興味を示さず。
業を煮やしたラブくんが、背中に脚を掛けたら
ムキッとおっそろしい顔をして、意思表示(笑)


足元でぐっすり寝てしまったところに
鼻先の匂いを嗅ぎに寄って来たトイプーにびっくりして
やはりムキッ!(^_^;


これをダメとする飼い主さんも多いけれど(攻撃性の芽?)
ワタシはそれとこれは違うと思うし、
『嫌だ』『止めて』の意思表示ができることは
大切では、と思います。
もちろん、行き過ぎはNGなので、
そう感じたらすぐに止めますが。


でもロキを見ていて思ったのは、
ロキはいつもワタシだけを見ていて
他の犬や人との交流はさほど求めていないんだなぁ、と言うこと。
これも使役犬のDNAなのかしら。
posted by ルークママ at 10:55| 東京 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

WHICH PLANET ARE YOU FROM. (異種の生物)




IMG_2410.JPG



昨日の夜中。
ルッちゃんが『トイレ』とのたまうので
家の周りをウロウロしていたら
数十メートル先に、同じようにウロウロ動いているものがいる。


猫かな?と思って見ていると
少しずつこちらへやって来る。
猫よりずっと大きいよ。。。えっ!? しばいぬ!?


夜中にノーリードのしばいぬ!?


やばいじゃん。


向こうは私たちに気付いて、オスワリしてこちらを伺っている。
ルークは頭を下げて警戒して、ジッと相手の方を凝視している。


も、もしかして。
懐中電灯を当ててみると、ピカリと光る2つの目。やっぱり。
しばいぬ大のタヌキさんでした。
しばいぬさん、失礼いたしました。
良く見ると大きさ以外はぜんぜん似ていませんでした。


うちの周りには確かにタヌキが生息しているのだけれど
最近、雑木林だったところが相次いで宅地造成されているので
きっとタヌキさんたちも住みづらくなっているのだろうなぁ。


そう言えば。
昨日、夕方の散歩でびっくりすることがありました。


駅の方の住宅地で、向こうから突進激吠えのチワワが来ました。
オーパスとロキを連れていたので反対側に付けて
通り過ぎようとしたのですが、そのままこちらへ突進してきます(T_T)
飼い主、止める気なし。
リードを引っ張られて、バタバタと走って来ます。


そのまま鼻先まで突進して来そうな勢いだったので
『この状態で寄せるとケンカになるかも〜』とやんわり言うと


『いいんですぅ〜、一回やられちゃった方が勉強になっていいかもぉ〜』ですと。


かんべんしてください。


『怪我しても良いってことですか?』と真顔で言ったら、
さっと眉間にシワを寄せて
『えぇ〜!? この犬、咬むんですかぁ〜?』ですと。


ARE YOU FROM OUTER SPACE OR JUST PLAIN STUPID ?


この人の『やっちゃって下さい』は、もしかして
チワワが突進する〜〜、オーパスが前脚でチワワのおでこを抑えて
チワワの足が空回りする〜〜〜みたいな、そんな状況をイメージしてた?



きちっとお座りしてこちらの様子を伺っていたタヌキの方が
よっぽどお行儀良かったぞ。















ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 09:55| 東京 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

Sorry, That's Not Edible. (拾い食い)





IMG_0726.JPG



昨日、暗くなってからこの公園を散歩していたとき。
ミューさんが植え込みの匂いを嗅いでいたかと思ったら
急に何かを咥えた様子。


こういうスピーディーな動きをするときは
・・・怪しい!
絶対に『食べてはいけないもの』に決まってる。


なので、即座にリードを引いて植え込みから頭を出させ
左手でハーネスを掴んで、右手を口に突っ込んで取り出しました。


こういうとき、うちの犬たちの場合は、叱ったり、怒ったり、なだめたりはしません。
感情的になっても出してはくれないので(笑)無言で機械的にさっと取り上げます。
そして即座に『良い子だね〜』と褒めてフードを1粒。


ミューさんは単純なので『あ?そう?』と笑顔で喜ぶ(笑)
チョロイもんだね。


取り上げたものを懐中電灯で見ると
ザリガニ釣りの餌だったらしく
糸の先に釣針か針金、それに恐らくスルメ。
さらには重しに鉛。


かなり危険なものだった\(◎o◎)/
良かった〜〜。食べられなくて。


この公園は、近くの川から水を引いた用水路があって
子供たちがザリガニ釣りやおたまじゃくしを取って遊ぶところ。
うちの娘も小さい頃はとてもお世話になった場所です。


だからこんなものが落ちていても不思議ではないなぁ。
これからは気をつけないとね。


でもこれがオーパスでなくて良かった。
オーパスは一旦口に入れたものは『守る』傾向がとても強いので
咥えた食べ物を出させるのは至難の業。
オーパスだったら、取れなかったかもしれない。


IMG_2679.JPG


日頃の遊びを通した『OUT』のトレーニングと
穏やかにゆっくりと取る、というやり方で
靴下やタオルなどは自分から離してくれるようになったけれど
やっぱり食べ物は別だと思うなぁ〜。


犬にしてみれば、自分が見つけた食べ物、
しかも口に入れたものを、無理やり取られるのだから
『はい、どうぞ』とは行かないのは分かるんだけれど。


いざとなれば、咬まれようと何だろうと
取るべきものだったら、取るけれど
できれば、すんなりと取りたい。
だけどこういう子は日頃から食べ物を取り上げる練習なんてしたら
ますます守るような気がしますよ(-"-)


日頃から、ストレスにならない程度に、口周りを触ったり
口の中を触ったり、歯磨きをしたり
おもちゃやタオルをコマンドで咥える、離す、咥えるの遊びをしたり
やっぱりそういう地道なことで良いのかなぁ〜〜。














ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 12:20| 東京 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。