2009年07月31日

A Helping Hand (力強い助っ人)





いつも犬たちの散歩は基本、1頭あたり1日1回。
ワタシのキャパの問題から仕方のないことです。

それがこのところ毎日ちゃんと朝夕2回の散歩 !


理由は、高3の娘が手伝ってくれるから。

オーパス.bmp



部活も卒部。夏休みに入って「運動不足になるから」と
朝夕、散歩に一緒に行ってくれます。

何と心強い。
年々暑さが辛くなる(爆)ワタシには、本当に心強い味方。


そして昨日は河原でリードを持ってオーパスを走らせてくれた。

さすがに短距離が得意でリレーの選手だっただけあって
速い速い!
結構なスピードで走ってましたが
リードが張っていないのにはびっくりしました(笑)


朝も「早く起きて、散歩で軽く体を動かしてから勉強する!」
と自分から言い出し、6時前に声をかけると
ちゃんと起きてくる。


早朝、雑木林の脇の道を娘と犬を連れて歩く。

犬の扱い方から、成長を感じます。


娘と歩くとこんな発見も。
できたてホヤホヤだよ〜。

せみ.bmp




散歩から帰り、シャワーを浴びて、犬たちにご飯を食べさせ
やっと一息。コーヒー。
気がつくとリビングには娘の姿はもうない。

「もう勉強始めたんだ。何てエライの。」と覗くと





・・・寝てるじゃん・・・!!!がく〜(落胆した顔)


おいっ!







posted by ルークママ at 12:19| 東京 🌁| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

Life IS Stressing Enough. (休息)





私ごとで恐縮ですが、犬バテ回復中です〜。
ご心配をおかけしました。
優しいお気持ちをたくさん頂きありがとうございました。



バテたついでにこんなことを考えていました ↓

Stress Management



仕事をしていたころに良く使っていたことばです。

とにかくストレスの多い仕事だったので、
Stress Managementは事務所の大きな課題でもありました。

期待=結果を出すように求められること(pressure)と、
キャパシティのバランスが崩れると人はストレスを感じ、
ストレスを強く感じると、業務上のperformanceが悪くなるだけでなく、
健康を害するなどの多くの問題が生じる。
ストレス・レベルを下げるためには、事務所全体レベル及び個別のジョブ・レベルで
stressors(ストレス要因)を識別し、除去(軽減)するよう取り組まなければならない。


う〜〜ん。こんな感じだったかな。
昔のことなのでちょっとあやふやですけど(汗)

仕事を辞めてから、この用語、すっかり忘れていたのですが、
最近、犬のStress Managementという形で目にする機会がありました。


犬の?・・・・Stress Management?

犬ブームで、泥パックとかいろんなものが出てきているけどそのたぐい?


いえいえ。とっても真面目なお話でした。
いろいろ気づかされました。


良く考えると、動物だってもちろんストレスを感じる訳です。

本来、Stress Managementとは、
主にchronic stress(慢性的ストレス)を軽減すること、です。


犬だってchronic stressを抱えているかもしれない・・・!
なんせこんな世の中ですものね。

犬にとってのにとってのストレスってどんなものがあるのか、
ちょっと考えてみました。

暑さ寒さもストレスになりますよね。高温多湿とかも。
慢性的な痛みや痒み、これはかなりのストレスになっているはずです。

余談ですが、知人のワンコ、犬が近寄っただけで
いきなり突進して咬み付こうとするそうです(涙)
でもこの子、酷いアレルギー性皮膚炎なんです。
いつも痒くて痒くて体中を噛んでいてイライラしているので
ものすごくストレス・レベルが高いのでしょうね。
本当に可哀そうです・・・。


その他、
ゆっくり休めない。
常に騒音にさらされている。
ゆっくり食事ができない、食べ物が足りない。
運動不足・運動過多。
不仲な動物との同居、多頭飼い。
暴力などの恐怖を日常的に感じている、などなど。

ちょっと考えて見てもstressorsはいろいろありそうですよね〜。


CIMG0174編集.jpg



散歩だって、やり方や犬の性格、周りの状況に因って、ストレスになりうる。
散歩で苦手な犬や恐怖を感じるものを見たり接近したり、とか。


トレーニングやドッグ・スポーツもstressorになり得るようです。
「楽しくできれば、良いんじゃない?」と思っても、やっぱり体も頭も疲れる。
特にオーパスのような爆走タイプは、本人が気付かない分、
こちらが注意して対処してあげないといけないし、
十分な休息など、疲労回復できるように環境を整える必要がありますよね〜。


CIMG0191編集.jpg



ではstress levelを緩和するためにはどうすれば良いのか。
stressorsを取り除くことが最善です。
生活環境を改善することにより、除去されるものもあるでしょうが
除去できない・自分ではコントロールできないものもあります。
これは個々のレベルでの対応や工夫が必要になるのでしょうね〜。

さらに、個体の耐性とかキャパシティーの違いもありますし。
ここら辺は人間と一緒みたいですね。



でもいろいろ考えてみて、ワタシが一番思ったのは
まず、ワタシ自身が犬にとってのストレスにならないように気をつける
ということかなぁ。


ワタシの対応が犬のストレスを増加させないようにすること。
そしてストレスを感じていると思ったら
緩和されるように仕向けること。
まずそこに気をつけないとなぁ、と思いました。

CIMG0195編集.jpg




MY  STRESSOR LOVE

align:center;">
posted by ルークママ at 13:41| 東京 ☁| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

Gotta Run With It. (犬バテ)


IMG_0263.JPG



年に何回かの周期で「夏バテ」ならぬ「犬バテ」になります。

やはり普通の家庭で飼うのに、4匹は多いですよね。
もしやり直せるなら2匹で止めておきます。

でもやり直せないので、仕方ないです。

Run With The Ball!
直訳すると「ボールを持って走れ」

アメフトなどで、ボールを捕ったらゴール目指して走るのみ、
ということから、
仕事のシチュエーションでも良く使った言い回しです。

自分がこのまま突っ走るっきゃない!って感じですかね。

で、突っ走ってると、周期的にバテが来る訳です。

4匹の状態がこのまま一生続くわけではない。
ワタシの長い人生の中の一時期。
だから「大変」と思わないで
4匹と生活できることを精一杯楽しもう。

だって犬に囲まれて暮らすのは
子供の頃からの夢だったから。

そう思ってはみても、日々の生活は結構ハード。
散歩は3〜4回。
プラス、トイレ。
食餌、ブラッシング、等々。
そしてダイソン片手に毎日大量の抜け毛と戦う。

他の用事までなかなか手が回らず
出掛けたくても「出掛けるまでの手順」が多くて
出掛ける前にすでに疲れてしまう(笑)

そしていつも「一頭飼いだったら、一日二回の散歩に行けたのに」とか
「お出かけの順番なんかなかったのに」という
後ろめたさが拭えない。

その後ろめたさも手伝って、
しつけ教室だ・アジだ・シープだ、と犬と一緒に遊び呆けていると
結構疲れたりして、結果、犬バテになったりして(笑)

う〜ん。文章にすると、ばかみたいだな(笑)
犬たちが勝手に増殖したわけでもないし。


今朝、うちの方は土砂振りの雨でした。

その中、1匹ずつ犬トイレに表に出る。
近場をウロウロするだけだけど
傘をさしてるのに背中に雨が吹き込んで気持ち悪い。
犬もずぶ濡れで気持ち悪そう。
だからなかなかトイレをしてくれない。

コマンドでさっさとトイレを済ませてくれる健気なヤツ(=ルーク)
土砂振りの中でぼぉ〜〜っと突っ立っていつまでも動かないヤツ(=ミューズ)
こんな振りなのにマイペースに匂い嗅ぎをするヤツ(=サラ)
「濡れるの嫌です。おしっこしません。」と玄関出る前から一騒動なヤツ(=オーパス)

すぶ濡れになりながらウンチを拾ってたら
ブルブルされて、しゃがんだ顔に水しぶきをかけられた。
3匹目くらいから、なんだか悲しくなってくる。
・・・あたし、何やってるんだろう。


あ〜あ、犬バテだぁ。
犬バテにもやっぱりウナギが効くのかな〜。







posted by ルークママ at 17:59| 東京 ☁| Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

Double Birthdays. (7才)



Happy Birthday, Sarah


サラさんには本当に悪いのですが、

ルークのお誕生日(6月)はお祝いするのですが
そのときにケーキだなんだと盛大に祝ってしまうと
一か月後のサラさんのときは
「先月、食べたからもう良いよね〜」と
いつも何となく過ぎてしまう(笑)

ごめんね。

そんなサラさんももう7才。あっという間です。

IMG_0308編集.jpg



実はサラさんのお母さんも7月生まれ。
お母さんは13才になりました(祝)
お母さんは本当に可愛くて、賢くて、私の憧れの犬です。
耳は遠くなりましたがとても元気。
ずっとずっと元気で長生きして欲しいと願っています。


25428391_3712961961編集.jpg




サラさんも我が家のボス犬としてチーママとしてずっと頑張ってね。
応援してるよ。


CIMG0122編集.jpg



・・・そろそろ暑さがこたえるよね・・・。


「お互いにね・・・」








posted by ルークママ at 10:11| 東京 ☔| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

We Hate It! We Hate It! We Hate It! (窓から花火が見える不都合)




夕べは多摩川の花火大会でした。


18348IMG1.jpg


調布の夏の風物詩となった多摩川での花火大会は、昭和8年に始まりました。戦争と戦後の都市化や京王相模原線延長工事によって2度の中断がありましたが、昭和57年に「調布市花火大会」として復活しました。
 多摩川の夜空をバックに繰り広げられる音と光のページェントは、年々スケールアップし、今や都内でも・・・



うちの窓からも見えるので、以前はとても楽しみにしていたイベントなのです。
家を暗くして窓を開け、ビール片手に窓から見物したものです・・・。

本当に年々スケールアップし(涙)、
「息をつかせない夢の70分」らしいのですが・・・。

お宅のワンコさんは花火、大丈夫ですか?

花火・雷のときは我が家はてんてこ舞い。
別の意味で息をもつけない悪夢の70分間です(笑)
70分って本当に長いぞ、調布市・・・!

ミューズが1才半の夏に、家のすぐ近くに雷が落ちたことがありました。
(幸いうちは異常はなかったのですが、お隣は電話・FAX・TVがダメになったそうです)
このときの雷の空気を引き裂くベリベリ・メキメキ!という轟音、
落ちたときのドスーン!という音と、地面を揺らす地響きは凄まじく
家が振動し、うちに落ちたのかと思ったほどでした。

その日以来、サラとミューズは酷い雷恐怖症になりました。
花火の音でもやはりパニックを起こすようになりました。

CIMG0113編集1.jpg



ちなみにルークはそれまで雷・花火は全く大丈夫だったのが、
それ以降は少し不安な様子を見せるようになりました。
しきりにCSを出しますが、今のところ、それ以上はありません。


サラの場合、花火の音が聞こえだすと
パンティングが始まり、震えが来ます。 
雷の場合は、ピカリが始まる前から感じるようです。
放っておくと、そのまま失禁してしまい、
可哀そうに、その上でじっと固まったまま座っています。

ミューズは激しくパンティングしながらキャンキャン吠えまくります。
ワンワンではなく、耳にキ〜〜ンとくるようなハイピッチ・トーンです。


雷・花火恐怖症のワンコの飼い主さんたちは
どのように対処しているのかなぁ・・・?


うちの場合は、今のところ、
↓のような方法に行きついています。


音が聞こえ始めると、サラは自分からケージに入りたがるので
ケージに入れ、部屋を暗くすると、奥で小さく丸まって寝ます。
パンティングも震えも不思議と止まります。
サラにはこれが一番落ち着くようです。

ミューズの場合は、抱え込むようにしてHold Still(ホールド・スチル)をするのが
一番落ち着くことが分かりました。
これが正しいHold Stillの方法かどうかは分かりませんが、うちでは、
片手を、犬を抱えるように背中から回し込んで、内側から胸に手を当て
もう片手は前から胸を軽く押さえるように当てます。
(犬の胸の前でT字になるような感じ、かな)
犬を力で抑えつけるのではなくて、
むづがる赤ちゃんを抱きかかえるような、そんな感じ。

無言でHold Stillをしていると、徐々に犬の体から緊張が解けるのが分かります。
パンティングも止まり、目もいつもの目つきに戻ります。
自分から伏せて休むこともあります。

で、花火が終わったら2匹とも庭に出してトイレ。
このじょぉ〜〜〜が済むと、ホッとした顔をします(笑)


これから本格的な夏。
そして花火。
そして雷。

ビール片手の花火見物・・・懐かしいなぁ(笑)


ラベル:雷恐怖症
posted by ルークママ at 14:52| 東京 ☀| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

Welcome To Our Home. (Panくん、いらっしゃいませ♪)




Panくんが来たよ〜!

と言っても、ちっちゃな平たいPanくんですけど(笑)


ママさんがPanくんの写真を送って下さいました。

大自然の中でのびのびと育っているPanくん。
ワタシの憧れの犬生活を送っています。

はやく本物に会いたいよね〜、オーパス。

CIMG0086編集.jpg

    


ママさん、ありがとうございました。
大切に育てます(・・・・?)

CIMG0088.JPG









posted by ルークママ at 13:59| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

Mom! Are You Awake? (頭がぽ〜っと・・・)




昨日、東京は梅雨明けしました。
日中はかなりの暑さになりました。

なので、アジ練は夕方から。


グランドはかなり開けた場所にあるので
住宅地よりはずっと風通しが良いです。
夕方からはときおり、ちょっとだけ涼しい風も吹いて来ました。


でも・・・走ると・・・暑い!


それでなくても快走からはほど遠い体の動き。
バタバタと体力を無駄に使い
ドタバタと走っているうちに
頭がぼ〜〜っとしてきた。


どんなに暑くてもやっぱり爆走のオーパス。
興奮してしまうんですよね。
アジだけは特別らしい。


img20090626_5_p.jpg


画像は先日、スクールのお友達が撮って下さったものです。
腕もレンズも上級です。あっ、アジもね(笑)



そんなオーパスは熱中症にならないように、
グランドのたらいに水を張って、
アジを一走ごとに、たらいに直行。

気持ち良いみたいで、自分からたらいに入って、伏せます。
身体を水に浸けて冷ましながら、その水をごくごく(笑)

たらいにすっぽり丸く収まった姿が可愛い。



アジ組のミューズとオーパスは今朝の散歩は、なし。
朝からぐっすり爆睡中です。

どんなに楽しいことでもやっぱり体には相当な負担。
しっかり休めないとね。

CIMG8775編集.jpg













posted by ルークママ at 12:54| 東京 ☁| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

What Comes Naturally To Him. (ボクのストレス解消法)






少し前の、ルークとの羊追いトレーニングの動画です。

ハーディング・・・というより、私たちのは
羊の後ろを歩いているだけ、ですけど(笑)






でも、楽しいです。


まだハーディングにはなっていない私たちですけれど 
犬が自然に羊を追う、そして追い込むように動くのは
本当に不思議です。

そして犬が後から歩くと羊は前へ動くんですよ。
動物の習性って面白いですよね。

以前、ボーダー飼いの方から
「羊追いはボーダーにとっての一番のストレス解消なんだって!」
と聞きましたが

何となく分かる気がします。


もちろん、好き勝手に追いかけ回すことはNGですが・・・(笑)

何事もそこが難しいところですネ。。。









ラベル:シープ
posted by ルークママ at 15:35| 東京 ☀| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

Look, Mom ! I Can Make Things Disappear ! (赤いシミ)


昨日は娘とダンナくんのリクエストで
黒毛和牛100%ハンバーグのトマトソース煮込み。
つなぎを少なめにしてハーブを少し入れて香りづけします。
いつもハンバーグは合挽で焼いてオシマイ!ですが、
たま〜に↑をするとかなりウケます。

娘と先に夕食を済ませて
後はダンナくんが帰ったら温め直すだけ。

・・・だったんだよ。予定では。

サラさんのちっこに庭に行って戻ってくると・・・。


リビングに黒いの1匹しかいない。
すぐにピーーン!と来たね。


キッチンに行ってみると
キッチンフロアを夢中で舐めてるミューズ。
それを後ろからジッと見ているオーパス。


何か落ちていたのかしら・・・。
そんなはずないんだけど。

ふと、コンロの上のフライパンが気になり
フタを開けてみると・・・・

CIMG0067.JPG


フライパンの中はトマトソースだけ。
どこへ行った、主賓。

魔法のようにハンバーグだけが消えてます。



だってフライパンはコンロの上。
フタだってしてあったし。
外見的には何も変わってない。

CIMG0059.JPG

こんなかんじ。


犬・・・???

でも犬しか考えれないし。
って言うかミューズしか考えられないし。

CIMG0061.JPG


あたちじゃないでしゅよ。
ほら、届かないでしゅよ。



あっっっ! 首の赤い汚れは何っ!?


CIMG0058.JPG



眼の錯覚でしゅよ。お母さん。



やっぱりあんただよね!



ところで「オーパスだった、という可能性は?」

それはないんです。
だってすぐに口をこじ開けて匂いを嗅いだら
ミューさんのお口からだけとても美味しい匂いがしていました。


実はミューズは前科者なんです。

CIMG0062.JPG


                  ↑
                 前科者。



ミューズの輝かしい経歴の一部をご紹介すると

有罪が確定した案件:
1. ミスド 1箱。
2. 調理パン 4個。チョリソー・ドッグ含む。その後、真赤な下痢をした。
3. 頂き物の高級りんご8個。これは全部箱から出して転がして一口ずつ齧って全部ダメにした。
4. 細かいものその他多数。

未遂で終わった案件:
1. 七草大福 1箱。 寿司オリを持った酔っ払いの如く、箱の紐を咥えてフラフラ歩いているところを発見され補導される。
2. 細かいものその他多数。


特製ハンバーグを楽しみにして帰って来て
冷凍長崎ちゃんぽんになっちゃったダンナくんもかわいそうだけど

ハンバーグって玉ねぎ入ってるんだよ。
朝起きて、ケージを見たらぶっ倒れてたらどうしよう。

って思ったんだけど。

ミューさん、ピンピンしておりました。
良いうんPも大量に出ました。




CIMG0305.JPG



だってあたちはチンピラーズ。
お腹だって強いのよ。





posted by ルークママ at 11:54| 東京 ☁| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

I’m Gonna Tell My Mommy ! (チンピラーズ)



昨日の夕方の散歩。

本当はミューズ1匹を連れて行く予定だった

・・・んだけれど、どうしてもサラさんが一緒に行く、と言い張り
玄関まで無理やり降りてきてしまった。

本当はイヤなんだよ。この組み合わせ ↓


CIMG0351.JPG



サラもミューズも基本的にはビビリで
1匹で散歩すると、犬にビビることはあっても、
ケンカを売ることはない。
どっちかと言うと、犬を避けて通る方。


それが・・・。

ビビリ + ビビリ = ちょー強気

というこの方程式・・・。


そう。二人揃うと チンピラーズに変身。


CIMG0305.JPG


負ける気がしない。


たぶん、気が小さい分、母ちゃんと一緒の散歩で
ミューズは“大船に乗った気分”になるんだと思う。
家から外に向かって吠えるのと一緒ね。

いつもは犬が来ると固まって、ドキドキしながらすれ違うミューズ。
それが、サラと一緒だと、向こうから犬が来ても堂々としてるもんね。


CIMG0302.JPG



そしてちょっとでもミューズが相手を警戒すると
サラは攻撃態勢に入る。
だからずいぶん前にチンピラーズは解散したんだけど。



仕方ない、こうなったら行ってみるか。

なるべく犬の少ない道をチョイス。

でも少し行くと、フォックス・テリアに会っちゃった。
踏み止まる2匹を引き摺るように先に行こうとするんだけど
向こうも仁王立ち。

「ご挨拶、良いですか?」と寄って来られてしまった。
吠えたら引っ張って逃げようと思っていたら、
意外にも、チンピラーズ吠えなかった。
でもチンピラーズはしっかり両側からフォックステリアの匂いを嗅いでいた。

その後もびっくりするほどチンピラーズは吠えなかった。
もしかしてチンピラーズ卒業?と思ったら・・・。
(もちろんこれで終わる訳がない。)

あと一歩で自宅、というところで、運悪く、
先日ミューズにケンカを売った柴さん、登場。
先日はあっけなく1敗を記したミューさんですが


CIMG0343.JPG


だって今日のあたちはぴかぴか(新しい)チンピラーズぴかぴか(新しい)
負ける気がちない。



もちろんミューズが吠えればサラは加勢する。
3匹でギャゥギャゥギャゥ。

あ〜〜参った、参った。
早く玄関に入らないと。

と思ったら、玄関前にご近所のラブちゃん。
天使のように可愛い子なんだけど、サラはラブは全てダメ。
ミューズは喜んで突進。その後ろからサラが怖い顔で突進・・・。

なんとかサラを足元でマテさせて、ミューズとラブちゃんが少し遊ぶ。

そしたら、そこへいきなりご近所のチンピラ〜♂(ソロ)突進。
これをサラが見逃すはずもなく(涙)
今度は4匹でギャゥギャゥギャゥ。



やっぱりチンピラーズ大活躍でした。


あんたたち解散!!!!!

CIMG8694.JPG








ラベル:多頭飼い
posted by ルークママ at 16:48| 東京 ☀| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

Confronted By A Sheep. (オーパス、負ける)


CIMG9523.JPG

日陰を求める羊たち



昨日は羊追いトレーニングの日でした。

気温はさほど高くなく、日差しも強くなかったのですが
湿度が高いせいで、蒸し暑く、とても不快。
ちょっと走ると汗が吹き出し、ワタシはヨレヨレになりました。

まずルーク。
犬と羊の距離を安定できません。

人と犬の間に羊を挟んだ形で、羊を誘導して行くのですが
羊より犬の方が歩くスピードが速いので、そのまま歩くと
犬が羊に近づきすぎてしまい、結果、突っ込んでしまう。
なのでフセで少し距離を開け、Walk On(羊に向かって行け)で歩かせ、
を繰り返しながら、犬と羊の距離を安定させないといけないのですが、
フセの反応が鈍く、「フセ!フセ!」とコマンドを繰り返しているうちに
羊が先に行ってしまい、必要以上に距離が空いてしまう。
するとWalk Onで伏せを解除したときに、
ルークは小走りに羊に向かってしまう。

後ろから犬が走る → 羊が走る。
前を歩くワタシは羊の群れにどつかれるか、飲み込まれるか。
羊が突進してきたら、“横に逃げる”というのが正解らしいですが
ワタシの反射神経の鈍さはどうなんでしょう。。。

シープでは、犬が“一回で即、号令に従う”ということができないと
羊さんたちもスムースには動いてくれないし、
「止まる・走る」の悪い連鎖から抜けられなくなってしまう
ということを実感しました。

さらにビデオを見ると、私が犬を止めるタイミングがとても悪いように思います。
これは感覚的な問題なのだと思うのですが
犬が「正解」の動きをしているときに、それに気づかず
(冷静に気づく余裕がない)
犬を止めている、という場面が自分でも分かりました。
これでは犬には分かり難いなぁ、と反省です。

でも、「結果的に正解だったから自由に(勝手に)させる」、
というのはトレーニング的には不正解なのですよね。
あくまで、犬を動かすのはハンドラーである、ということを
犬に理解させないといけないのだとは思います。

結局、ハンドラーが下手くそだと、犬は苦労するってことよね。
ごめんね。ルーク、オーパス。


オーパスは、今日もやはり意欲がない。
羊の後ろを歩くんだけれど、視線は常にどこかを彷徨っている(笑)
「これのどこが面白いの?」って顔に書いてある(爆)

その代り、すぐ後ろをモソモソと歩いて、羊にあまりプレッシャーを掛けないから
“隙あらば突っ込もう”としているルークのときより
羊の動きは安定しているから、楽。

でも一度、一番後ろを歩いていた羊がいきなり立ち止まって
くるっと振り返り、オーパスと鼻先でガチンコになりました。

「羊は弱い犬をバカにするよ」とは友人たちから聞いていたので
いつかこうなることは予想はしていたんだけど。

ちょっとは睨みあってくれるのかと思いきや
オーパス、耳を畳んで目線を外して、そそそそそ・・・と逃げ始めました。
うむ。想定内の反応だ(爆)

先生がご自分の犬をこの場へ送り込むと同時に
「けしかけてくださ〜い!」

ワタシも羊の方へ一歩踏み出しながら、「GO! GO! GO!」とけしかけた。
ちょっとカラ元気が出たオーパス。
一応「ウホッ」とか吠えながら、かろうじてその場に踏みとどまる(笑)
そこへ先生の犬が走り込み、威嚇している羊の正面に入って、
四脚を踏ん張り体を低くして上目使いに羊を睨む。
やっぱりボーダーはこうでなくちゃねぇ。

そしてその間にオーパスは・・・・・
目だけで羊を見ながら、こそこそ〜〜っと逃げたのでした(爆)


ラベル:シープ
posted by ルークママ at 16:05| 東京 ☁| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

Show Them Who’s The Boss ! (がんばれ父ちゃん)



犬同士の遊びが始まって、ヒートアップしてくると
ルークとサラは必ず止めようとします。

なぜなんだろう・・・?

群れが興奮するのはリスキーだから?
例えば、遊んでいて怪我をしちゃうとか、
興奮しすぎるとケンカに発展する可能性があるとか、
人目を引くとか・・・。

それとも、替って自分が遊びたいから?

目障りだから?(笑)

なぜなのでしょうね。
でも必ず止めようとします。


ではまず、正しい止め方からどうぞ。



サラは一声も発していません。
歯も見せていません。
視線とブロック(スプリッテン)だけです。



では、正しくない止め方をどうぞ。





がんばれ、ルーク・・・・。









ラベル:多頭飼い
posted by ルークママ at 11:56| 東京 🌁| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

I Had A Bad Feeling About This. (悪い予感)



悪い予感、的中です。

いつも散歩する近所の小川沿いの遊歩道。

多摩川の支流で小川ですが
都会を流れる川ですから、かなりきちゃない。

生活排水も流れ込むし
川底にはヘドロが溜まっています。

そんな川ですから
ときおり若いラブや怖いもの知らずのジャックが入るくらいで(爆)
川に犬を入れる人はいません。

IMG_0501.JPG


近所の川。見た目よりずっと汚い。


牧場の帰りに川で遊んで
すっかり泳げるようになったオーパス。

河川敷でボール遊びをしていたら
鼻でボールをはじいて
ボールは土手を転がって、川へ。

今までは、「お母さん、取って」と
ワタシを呼びに来ていたのに

なんのためらいもなく
・・・・飛び込んだよ(涙)


せっかく金曜日に洗ったばっかりなのに
またシャンプーだよ・・・(涙)

CIMG9552.JPG


ふっふっふっ。


ラベル:お散歩
posted by ルークママ at 16:31| 東京 🌁| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。