2010年01月31日

It's Not Just Words. (『行ってらっしゃい』の気持ち)



入試の日は、犬の散歩がてら
娘を駅まで送ります。


早朝のピリッとした空気の中を
たわいのない会話をしながら
犬と一緒に歩くのは気持ちの良いものです。


ところで。
占いとかはまったく相手にする気のないワタシですが
以前TVで話していた風水師の先生の話の中で
ふむふむ、と思ったことがありました。


それは『お見送り』の大切さ。
家族が出かけるときに、必ず玄関で
心を込めて『行ってらっしゃい』と見送ることは
とても大切なのだそうです。


なぜかと言うと、『行ってらっしゃい、気をつけてね』
と言う、その気持ちが相手に憑いてその人を一日守るのですって。
とか何とか(爆)そんな内容のお話だったと思います。


ハハの気持ちが憑いて行くのであれば
娘には有難迷惑な話かも知れませんが
心を込めて送り出すことの大切さを思う今日この頃。


『行ってらっしゃい』『お帰りなさい』
英語にはないと思います。
『ただいま』はI’m Homeだけど。
他の外国語ではあるのかなぁ、なんて思ったりして。
日本語のきめの細かさ、日本文化の温かさを感じます。


IMG_0356.JPG


そしてこの日の受験校は、とあるお嬢さま女子大。
そして『お嬢さま』とはまったく正反対のうちの娘。
なにせ山猿のように育ててしまったから・・・。
その学校、合わないんじゃ・・・とは思うものの
カリキュラムはすごく良いんだよ、とかで。


『私服は考えるのがめんどっちい』と制服を着て
『でも寒い』とスカートの下にはジャージ。
髪の毛ボサボサ。


見た目で落とされそうだ(爆)




ラベル:犬と娘
posted by ルークママ at 10:17| 東京 ☀| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

Mum’s The Word. (サイレント)




img20090626_4_p.jpg



2週間ほど前のことなのですが、
この日のアジ練はJPとAGのコース練習でした。


オーパス対策として、ワタシに与えられたこの日の課題は・・・

『まったくコトバを発しないでコースを走る』
&『頑張って走らない』
ということ。



アジを始めてから、ずっと、
オーパスの課題は『興奮』。


最初の頃は、ワンワン吠えまくり
目はいっちゃって、口からは泡を飛ばし
ハードルに突っ込み、ウィングをなぎ倒し・・・

・・・オーパスが走った後のコースは
まるでハリケーンが通った後のようでした。


まぁ。
それから比べれば、ずいぶんとマシになったと思います。
でも、興奮をコントロールできるようになった、とは
とても言い難い。


その証拠に、走っているときはまだワンワン吠えるし
ちょっとしたことで一気にテンションがMAX OUTして
ハードルを落としまくって暴走してしまう。


一概にワンワン吠えながら走るのが悪いのではないと思うのです。

問題は、オーパスの場合は、吠えれば吠えるほど
自分で興奮度を上げてしまうこと。


なので、ワタシも、下手ななりにも
『できるだけオーパスを興奮させないような』
ハンドリングをしなければいけないのです。


で、この日初めてトライしてみたのは
『無言でハンドリングする』ということ。
ワタシが力まずに、静かに(黙って)走れば、
オーパスの興奮を煽ることはないから。


そして先生が睨んだ通り、オーパスの興奮度はいつもより低かった。
ワンワン吠えることもあまりなかったし
バー落下もいつもより少なかった。


もしかしたら、オーパスのワンワン!は
ワタシの大声でのコマンドに同調した吠えも
含まれていたのかも知れないなぁと思いました。


さらに興味深かったのは、
犬のコースを正しく見極め
正しい場所に落とせば、
コトバを発しなくても犬は正しい障碍に向かい、
ちゃんとコースを走れるということ。


それは逆に言えば
ワタシがどれだけコトバの指示に頼っているのか
ということでもありました。


例えば。

走っているときに、一歩、犬の方向へ踏み出しただけで
犬はその動きを感じ取り、
犬を軌道から押し出てしまうことがあります。
つまり、犬に向かって一歩余分に踏み込んだだけで
犬を間違った障碍へと向かわせてしまうことがあります。
(私には日常茶飯事・笑)


が、同時に『シーソー!シーソー!』等、叫べば
犬はこの指示を聞きとって、軌道修正してシーソーに向かってくれたりする。
また、あらぬ方向へ犬を送り出してしまっても
名前を呼べば戻ってきて軌道修正してくれる。


でも、コトバが使えなければ、
それ以外で伝えなければいけない。
ハンドラーの走るコース・走るスピードの緩急、
体の向き・手の動き・足先の向きなどで、
犬に正しいコースを伝えないと。


これはワタシのようなへたっぴには
本当に難しいことなんですけれど、

でも実際にこれをやってみて
自分のハンドリングの不正解な部分(多し!)がすごくはっきり見えたし
逆に、正しくハンドリングできれば、
一言も発していないのに
犬がスムースに正しくコースを走ってくれることが分かり
感動してしまいました(^^ゞ


ぜひ次回の練習もこれでやってみたいなぁと思ったのでした。









ラベル:犬と走る
posted by ルークママ at 17:32| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

Let's Give It Your Best Shot! (ハハにできること)




CIMG1075.JPG



娘の受験もそろそろ一般受験が始まります。
決戦の時って感じ!?って思ってたけど。


娘はどこまでもマイ・ペース(笑)
今日も笑顔です。


ここ3週間くらいが一番体も辛いだろうけれど
あのときは本当に良く勉強したなぁ
って
きっと良い思い出になるさ。


この期に及んでは(笑)
ハハにできることはあんまりないのですが
今日、パン屋さんの帰りに
こんなもの(↑)を見つけたので。


4つ葉のクローバー。
いっぱい(笑)


『滅多にないから価値があるんじゃ・・・』
って言わないでね。
気前良くいっぱいあるのも良いじゃない(*^^)v



(余談)
ハハはね。 先日、
『卒論の締切日が過ぎていて、連絡するのも忘れてたっ!』
って夢を見て、夜中に目が覚めました(爆)
ハハの方が疲れがきてるかもしれないぞ。















posted by ルークママ at 15:50| 東京 ☀| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

With Flying Colors, Or Not. (危なかったかも)



CIMG1039編集.jpg


昨日は娘のお昼&犬2をダンナに頼んで
オーパス&ミューズを連れて秋ヶ瀬へ。


Team Test(TT)を受けるためです。


TTは、内容はObedienceのテストなんですけど
アジの競技会への出場資格として、
テストに受かっていないといけないのです。


TT1、TT2とあり、TT2を初回合格後、
半年から一年以内にもう一度合格すると
永久資格が貰えます。
そうするとTTはもう受けなくて良いので
みなさん、そうするのですが
ワタシは、去年、オーパスのTT2の2回目受験を
既定の期間内に受けられず、資格失効。
今回は取り直しです(涙)


A SectionはいわゆるObedience。
脚側歩行とか、行進中の停座・伏臥、招呼、マテ、など
ノーリードで規定の課目をこなします。


A Sectionに合格すると、B Section。
家庭犬として、社会で問題なく行動できるかどうかを見るもので
あまり、ここで落ちることはないと聞いたのですが・・・。


この日。
隣のリンクでは、スヌーカー&ギャンブラーというアジリティーの競技中。


CIMG1034編集.jpg


ミューズのTTのときは、コース設営中だったので、
まったく問題なかったのですが、
オーパスの時は、隣で楽しそうに犬が爆走中!
ハンドラーのハイテンションな声も気分を煽ります(涙)


オーパス。隣が気になって仕方ない。
隣のリングに行きたくて仕方ない。
『脚側なんてしている場合じゃぁないんだよっ!』って顔に書いてある。


何とかA Sectionは集中を保ったものの、
B Sectionが始まるころには、
隣ではスタンダード・クラスの競技が始まり
ボーダーたちが走る、走る・・・。


この時点でオーパス、アウト。
審査員の先生が注意事項をお話しになっているのに
吠える・引っ張る(涙)


A Sectionでは比較的(オーパスにしては・笑)抑制が利いていたのは
ノーリードでテストが行われるから、
という理由もあるのではないかと思いました。


B Sectionはオンリードなので、リード・フラストレーション
(リードで拘束されていることに対するフラストレーション)
を感じて、より吠えたり、引っ張ったりするのではないかと。


それはともかく、B Sectionは、
人に触られる・他の人や犬に近づく・係留・疑似散歩
などが行われ、
ハンドラーが、強いリード・コントロールに頼らずに
犬をコントロールできているかどうかを見るそうです。


『他人や犬が苦手な犬はダメなの!?』って思う方も
いらっしゃるかも知れませんが
もちろん、そんなことはなくて、
試験官の人が『ワンちゃん、触っても良いですか?』とまず聞くので
『ちょっと苦手です』と言えば、
犬に負担を掛けないように対処してくれます。



この間、オーパス、恥ずかしいくらい『心ここにあらず』(涙)
疑似散歩も(アジのリングへ向かって)引っ張る、引っ張る。


B Sectionで落ちた・・・と思いましたが
何とか合格させていただきました。
良かったよぉ〜〜〜(T_T)
内心、ドキドキだったんですよ。
ひさびさです、こんなにヤバイと思ったのも。


CIMG1046.JPG


無事、TTが終わった後は、ガス抜き=ボール投げ。
リング以外はもちろんノーリード禁止なので
10mのロングリードを付けています。


CIMG1056.JPG


その後は、2匹を連れて公園内をぶらぶら1時間ほどお散歩しました。


CIMG1065.JPG


秋ヶ瀬公園、とても広くて素敵なところだったのですが
散歩道の脇などに放置ウ○チが結構あったのが残念でした。


CIMG1068編集.jpg






posted by ルークママ at 10:14| 東京 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

Standing His/Her Ground. (社交の場)



CIMG0967.JPG

昨日の散歩は、一昨日お留守番組だった2頭(ルーク&ミューズ)と
ゆっくり、長〜く、楽しく運動して来ました。



一昨日は主さん&keiさん主催の代々木公園の散歩会がありまして
ワタシはサラ&オーパスと参加させて頂きました。
デジカメを忘れてこの日の画像は1枚もありません(汗)


初めまして〜♪の方たちや、久しぶり〜♪の方たちもいらっしゃって
本当に楽しくお散歩いたしました。
みなさん、ありがとうございました〜!
keiさん、下調べから当日の引率まで(笑)、お世話になりました。
ありがとうございました。


当日は暖かいお散歩日和で、特に小さい子への負担が軽く
本当に良かったと思います。


最近、いろいろな方との交流が出来上がり、
いろいろな場所で一緒に散歩する機会を持つようになりました。
そしていろいろ思うことがあります。


ワタシとうちの犬たちは、トレーニングやアジ、シープ、などを通して
いろいろな犬と人の集まる場に行って遊んで来たわけですが
お散歩会のような、様々な犬種・大きさ・性格の違う犬同士が
自然に交流する場(もしくは交流しないという選択を持つ場)で
同じ方向を見て一緒に歩く、ということはなかったと思うのです。


毎日の散歩は、仲の良い犬や人と会うと一緒に歩きます。
ときには、雪だるま式に大きなグループになることもあります。
でも、あくまで『気心の知れたいつもの仲間同士』だったり、
飼い主同士が仲の良い友人だったり、
ワタシの場合は、中・大型犬ばかり。
(これは多分、犬の歩幅や歩くペースが関係していると思います。)


その他のたくさんの犬たちとはすれ違うけれど、
何かあったとしても、簡単な匂い嗅ぎくらいかなぁ。


小型犬には怖がりな子も多く、吠えられることは良くあるけど(笑)
それ以上の交流はないし。
飼い主さんは、吠えてしまって申し訳ないからか
すぐに立ち去ってしまうしね。


だから、良く考えるととてもビビリな子と
長い時間を一緒に過ごすということは
(小田原を除き)今までなかったように思う。


なんでこんなことを思ったのかと言うと、
実はワタシは今までうちの犬たちはあまり社交的ではなく、
犬見知りするビビリだと思っていたこと。


でもお散歩会では、
今までワタシが出会ってこなかったタイプの子たちとも出会い、
じっくりと一緒に歩きます。


いろいろな犬たちを観察するようになって
本当の意味での繊細さを持った犬たちとは
どういう子たちなのかを、今更ながら、
初めて知ったように思うのです。


そのような子たちと同じ空間を共有するときに
ワタシはうちの犬たちをどのようにハンドリングしないといけないのか。
とても考えさせられましたし、
ワタシとうちの犬たちは、社交性の問題ではなく、
実は『単にザツなのだ』ということがとても良く分かりました。
犬は飼い主に似るっていうけど、本当だなぁ。


これは新たな反省点です。
はぁ〜。反省点だらけ。
でも分かって良かった。

CIMG0988.JPG

箱入り息子(笑)オーパス。
だいぶ『箱』が齧られちゃってるけど。









posted by ルークママ at 15:49| 東京 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

You Think This Is Funny ? I’ll Kick You Axx ! (マジ・イラツク)





CIMG0577編集.jpg



最近のサラさん、マジ・イラツク らしいんです。


最初は後足の爪を怪我したことから始まりました。


IMG_0947.JPG


痛いので舐めてしまう。
酷くなってきたので『エリザベス』。


そのうち、エリザベスを避けるように後足を上げて
器用に舐めるように。



怪我は治ったのに舐め癖がついてしまったようです。


気がつくとパッドを舐めたり、
足回りの毛を齧って抜いたりするように。


さりげなくその部分をワタシが手でカバーしてしまうと
少しワタシの手を舐めますが、すぐに収まり、寝ます。
どうも眠くなると、足を舐める癖がついてしまったようです。


こんなとき、叱ったり、大騒ぎをすると、
舐めることにより執着してしまい、
隠れて舐めるようになるので、
さり気なくその部分を隠すか、
別のことに気を向けるようにすると良いようです。


この状態が結構続いているのですが、
先月、検診でレントゲンを撮ってもらったとき。


サラの胃袋に小さな砂利のようなものがいくつかある
と先生に指摘されました。
食べてしまっているようです。
(小さいものなので問題なく下から出るそうです。)
こういう場合、多くはストレスが原因らしい。



『ストレスを感じるようなことはありましたか?』



う〜〜ん。(――゛)
サラが他の犬のストレスになっていることはあっても
他の犬がサラのストレスになることはないはずだし(爆)


最近、環境が変わったなど、特に変わったこともない。



『気分転換にサラちゃんにもシープをさせてあげたらどうですか?』
と先生の提案。


でも・・・・・。
・・・ハンドラーの指示に従えない子にシープは無理だと思う(爆)
サラを柵に放したら羊さんたちのストレスが心配(^^ゞ


で、一匹の散歩を増やし、ゆっくりと匂い嗅ぎをさせ
毎日、大好きなボール遊びで気分転換。


とやっていたところ、先日、ボール投げの途中で急に『びっこ』。


骨や関節には異常はなかったので良かったけれど
どうも手首の筋を痛めたらしい。
サラのボールへの突っ込み方は尋常ではない。
ボールを拾うのではなくて、狩っている感じ。
体ごと猛スピードで突っ込み急旋回してボールを咥える。


CIMG0884編集.jpg



アンタねぇ。少し自分のトシを考えなさいよ。


Download 094編集2.jpg


で、ボール投げも今はお休み中。


さて、どうやってストレス解消すべきか。
考え中です。










ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 21:33| 東京 ☀| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

Read My Lips. (目は口ほどに)





31090608_org編集.jpg

注:この画像は本文とは何の関係もありません・・・・・。




先日、友人からイギリスの犬番組がYouTubeで流れているから
見てみて、と情報を貰いました。


この番組では、ものすごい数のボキャブラリーを理解している
ボーダー・コリーのことが取り上げられていたのですが、


それよりワタシが興味を持ったのは
犬が『人が何かを指差す仕草を理解している』という実験の映像。


この実験では、
コップを2つ逆さにして置き、1つにおやつを入れます。
おやつの入っているコップを人が指差します。


まず、チンパンジーでこの実験をしているのですが
意外にもチンパンジーはこのヒント(情報)を受け取らないのです。
どちらのコップを選ぶべきか、自分の判断のみで決めているそうです。


それに対して犬は指差された方のコップに行きます。


これは、犬がヒトからの情報を受け取っている証拠であり
このことは犬が高度に社会的な動物であることを示しているそうです。


さらにこの実験では、人がおやつの入っている方のコップを見る、
ということもやっています。


そして犬はこのヒント(情報)も理解し、正解を引き当てています。


この学者は、目線の動きが分かりやすいように
(つまり情報となるように)
ヒトの眼は白目がはっきり見えるようになっているのではないか、
と言っていました。


うちの犬たちは、何か要求があるとき
例えば、水が飲みたいとか、トイレに下に降りたいとか
冷蔵庫や戸棚のおやつが食べたいとか言うとき
まず、じっとワタシを見詰めます。
視線に気づいて犬の方を見ると
次に自分の要求するものへ視線を向けます。


逆に、犬たちはワタシの目線の動きからも
ワタシが伝えたい以上のことも読み取っているのかも知れません。


犬の賢さ、というのは本来こういうことを言うのかなぁ
なんて思いました。


posted by ルークママ at 21:45| 東京 ☀| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

The Dog Of My Dream. (理想の犬)





CIMG5880編集.jpg




どのように犬をしつけなければいけないのか。
ということより

犬とどういう暮らしがしたいのか。


それが先にあって、
だったらどう育てるか、
そう考えるべきだったなぁ、と今更ながらに思います。


ワタシの理想の犬は、
ワタシの足元をひたひたと歩く犬。


服従心で付いて歩くのではなくて
まるでそれが自分の仕事だとでも言わんばかりに
ワタシの傍を離れず、
他の人や犬やバイクや車などには目もくれず、
ワタシの足元をひたひたと歩く犬。


楽しそうにスキップしたり、いきなり走り出したり、慌てて戻って来たり
そういうことは、しない(笑)


生真面目な顔をして、ただワタシの傍をひたひたと歩く犬。


山でも。海でも。街中でも。
まるで農場の犬が農夫について歩くように。


だからきっとワタシはボーダーが飼いたかったのだと思う。


そしてワタシのボーダーは
勝手に川に入ったり、河原への傾斜をいきなり走り出したり
置いて行かれて慌てて戻って来たり
余所見をしていて電柱に頭をぶつけたり
木の枝を咥えて嬉しそうに飛び跳ねたり
他の人や犬やバイクや食べものに心を奪われるけれど。


でもいずれ、ワタシの傍を一緒に歩くこと以外は
すべて要らないと言わんばかりに
ワタシの傍をひたひた歩くようになる日が来ることを
ワタシは夢見てる。





ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 20:06| 東京 ☀| Comment(26) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

A House Is Not A Home Unless You Are In It. (ハハの気配)






CIMG0948.JPG

『合格饅頭』と『犬用お年玉クッキー』




子育て先輩であるウナちゃんのママが
娘のために、天神様で合格祈願のお守りと合格饅頭を買って来て下さいました。
ウナちゃんママ、本当にありがとう。


うちのダンナはね。
勉強で忙しい娘に代わって『おれが湯島天神に行って来てやる』と
娘に感謝を強要したものの、結局、寝正月で行かず。
おまけに『結局、湯島天神とは、うちはご縁がないってことかなぁ?』と。

さらにおまけに『おっ。この饅頭旨そう。喰って良い?』だと。
(そして本当に喰いやがった)


持つべきものは友だよ。


ところで、昨日、そのウナちゃんママと一緒に散歩していた時の話。


年が明け、いよいよ、受験が近くなりました。
いつも犬と遊び歩いてあまり家にいないハハ。


でもこの時期はなるべく居た方が良いような気もするんだけど、
犬たちと外にいた方が騒がしくなくて良いかしら。。。。。
と話すと・・・。


『母親が家にいる安心感って大切よ』と言われました。


誰か家に居れば、それだけで家が暖かいよね。
キッチンから湯気が上がり、美味しい匂いがする。
かすかにTVの音が聞こえる。


『 特に何かをしてあげる必要はないのよ。
でも、疲れてふらっと部屋から出てきたときに
普通の日常の風景があって、
“お茶でも淹れようか?”って言ってもらうとほっとしない? 』


さすが子育ての先輩、良いこと言うねぇ。


CIMG0949編集.jpg






ラベル:miscellaneous
posted by ルークママ at 10:13| 東京 ☀| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

Passed Down Through Generations. (今年もまめに)





お正月気分のあまり出ない我が家ですが、
一応、おせちは作りました。
作ってもそんなには食べて貰えないのですが
おせち料理は日本の伝統ですものね。
娘に食文化を継承して欲しいという気持ちはあります。


おせち料理の中でワタシの得意は
『黒豆』
ワタシは母から。
母は祖母から教わりました。


CIMG0935.JPG


今年もまめに犬と遊びますよ。違うか。





3日の今日は、さすがにおせちは飽きたので
お昼に手鞠寿司を作りました。


CIMG0926.JPG


娘の大好物ですが、本人は夜まで塾(^^ゞ
ダンナが『太る、太る』と言いながら一人で食べてます。
そう思ったら箱根駅伝見てないで散歩行け。







ラベル:Miscellaneous  
posted by ルークママ at 13:06| 東京 ☀| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

Seasons Greetings




CIMG0491.JPG




明けましておめでとうございます。



昨年中は、ワタシの勝手なおしゃべりを
読んで下さいまして、ありがとうございました。


楽しいコメント、嬉しいコメント、面白いコメント
役に立つコメント、ホロリとするコメント
たくさんのコメントを残して下さり、ありがとうございました。
とっても嬉しかったです。


ブログを通してたくさんの素敵な方々と
実際にお会いする機会もたくさんあり、
人間関係がとても広がった一年でもありました。
犬たちがくれた出会いに本当に感謝です。


また、いろいろな考えや想い、教えに出会った一年でもありました。
みなさんから、ご丁寧なご指導を賜りましたこと
とても感謝しております。


年の割に(爆)とても未熟なワタシたちです。
(犬ってやっぱり飼い主に似ると思います)
ワタシは、今年もみなさんからたくさんのことを
吸収させて頂きたいと思っています。(^^ゞ


ルークは今年の6月で9才になります。
毎日、自転車で軽やかに走っていますが、
無理をさせないよう、なおさら気をつけていきます。
今年も健康で、楽しく羊たちのお尻を追いかける一年になりますように。


サラは今年の7月で8才。
相変わらずマイペースで暮らしていますので(爆)
そのままサラのペースを崩さないように
ボール投げやディスクで楽しく運動、筋肉維持
で行きたいと思っています。


オーパスとミューズは去年の11月で4才になりました。
犬生の中で、心身共にもっとも充実している時期でしょう。


オーパスは犬らしい感情表現をするようになり
可愛らしい面やいたずらな面も見せてくれます。
オーパスの課題は、去年と一緒。
セルフ・コントロール。


ミューズは相変わらず、今年もミューズでしょうが(爆)
ゆっくりでも自信のある大人の犬に近づいて欲しいと思っています。
・・・なってくれとは言わないからさぁ(笑)



そして今年もたくさんの素晴らしい出会いがあることに
期待感を募らせながら・・・

Wishing You and Your Family A Very Very Happy New Year!


CIMG0307編集.jpg









ラベル:miscellaneous
posted by ルークママ at 10:49| 東京 ☀| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。