2010年06月30日

MOM, LOOK AT ME. I WANT TO TELL YOU SOMETHING. (それぞれの対応)





IMG_2220.JPG


ロキ、今日で5日目。


トイレのこと:
4日目の昨日はトイレで大苦戦。
外でも庭でも家の中(ペン)でもしません。
結局11時に1回、後は今朝までしませんでした。
仔犬はおしっこの回数が多く、我慢もできないので
それを利用してトイレトレーニングができるんだなぁ
なんて、今更ながらに思ったりして。
成犬はしっかりトイレトレーニングが入ってしまっているし
かなり我慢もできてしまうので、逆にとても大変です。


サラとのこと:
私を巡るサラとの攻防はもちろん続いています。
ロキにしてみれば、この新しい環境で頼りの綱はワタシ一人。
今までお世話をしてくれた人や仲間の犬たちは居ません。
そうなれば、常にワタシの傍に居ることに拘る気持ちは理解できる。
ヒトならば。


IMG_0587編集.jpg


サラにしてみれば、そうそう甘い顔は出来ない。
だって、ワタシの横はサラの場所ですからね。
犬は常に本音。
仔犬ならともかく、同性の成犬なんですから。
どうぞ、とは言えないよね。


ロキは相変わらずワタシに付きまとっていますが、
少しサラを気にする素振りを見せ始めました。
サラに睨まれると『退く』ということが出来つつあります。
それが出来るようになれば、サラは怒らなくて済むんだけどなァ


私とのこと:
ワタシね、脹脛の肉離れを経験したときに学んだことがあります。
安静とリハビリ治療のタイミングとバランス。
ワタシが思っていたよりリハビリのタイミングがずっと早くてびっくりしたんです。
炎症反応が収まったら、もう軽いストレッチなどのリハビリ開始。
傷が痛くて、気持ち的にはまだまだ庇いたい、動かしたくない・・・。
でもそうしないと、損傷した部分が固くしこりになってしまうそうです。


で、これが今のことと、どう関係があるのかと言うと・・・
ヒトの感覚で、可哀そう、可哀そう、といつまでも気後れしない。
もちろん、最初は犬も混乱しているだろうし、ストレスも大きいと思う。
でも、それに対応すると同時に、
落ち着きを見せ始めたら、ワタシとの関係も
正しい関係が構築して行けるように、
最初からちゃんとしないといけないじゃないのかなぁって。


ロキは今まで正しく育てられて来たから、ちゃんと自分を持っている。
意志の強さを垣間見せるし、それを表現することに躊躇いもなさそうだ。
しっかりした犬だからこそ、ワタシもそれなりに対応しないと。


ロキはずっと人とオシゴトをしてきた子なので
人とコミュニケーションを取ろうとする意欲は抜群。
学習スピードもかなり早そう。
メジカラが強く、じっとワタシを見つめて、自分の存在を伝えようとする。
気が付くと、語りかけるようにワタシの目を見ている。


だから、ワタシは今朝からロキの視線を無視することにした。
もちろん、ロキが不安を感じて助けを求めているときには対応するけれど
ロキの視線はそんな感じではない。
“LOOK AT ME. I’M HERE”
だから無視。


ワタシはロキのコントロールの対象ではないし、
特別扱いするつもりはないから。その方がロキのためだし、ね。


犬がこちらを見つめているのに、無視するのは可哀そう、
と思う人も多いと思うけれど、ワタシはそうは思わない。
冷たくする、のではなく、いちいち構わない、だけだから。
他の子だって同じだし。
ワタシが家の中で動くと一斉に視線が集まるけれど(笑)
ワタシは基本的には誰にもアイコンは返さないんです。


あっ。でもルークはやっぱり別かな(笑)
だって可愛いんだもん(爆)

IMG_0575編集.jpg


私のロキへの対応は、ロキのしっかりとした犬格、健康状態、性格の安定性や犬慣れ度、今までの飼われ方、また、これからは、この新しい群れのやり方に慣れてもらうことがロキのためでもあること、などをいろいろ私なりに考えた結果です。他の犬には当てはまらないと思いますので参考にしないでね(^^ゞ










ラベル:多頭飼い
posted by ルークママ at 12:14| 東京 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

You Aren’t Really Who You Pretend To Be, Are You ? (4日目)





IMG_2225.JPG



ロキ、今日で4日目です。
昼間はワタシから少し離れた場所(でも見えるところ)で
ゴロンと寝られるようになりました。


ミューズとは気が合うようで、良く遊びます。
が、お互いあまりジェントルな遊び方ではないので
いずれ何かあるかも・・・。


ロキがワタシから離れていられるようになったので
サラも落ち着いてきました。
でもこちらもこのままでは済まないかなぁ、という気もしています。


何でかと言うと、
ロキは結構気が強そうです。


昨日、ワタシがソファでゴロゴロしていると
オーパスがソファに乗って来てワタシに身体を寄せて寝始めました。
すると、ソファの足元で寝ていたロキが起き上がり、
下からジッとオーパスを見ます。
『私のママから降りろ』・・・?


オーパスが無視していると、ソファにサッと飛び乗って
オーパスに顔を近づけ、ぐわっと怖い顔をしてオーパスを脅しました(;一_一)
ワタシが、『ロキッ!』と怒ると
『やだァ〜♪ 冗談よぉ〜♪』とヘラヘラしていましたが
・・・こいつ、なかなか強い子だよ・・・(T_T)


IMG_2223編集.jpg


そして、やはり昨日のこと。
サラが同じくソファでワタシの横で身体をくっつけて寝ていると
やはり足元に来て、ジッと下から見ます。


サラが軽く唸ると、ロキも少し歯を見せ唸り始め、
次の瞬間、ガゥガゥガゥ!!
お互い脅しているだけですが、口ケンカになりました。
するとミューズもすっ飛んで来て、横からロキにワンワン吠えます。
ミューズは歯を見せるガゥガゥではなくて
『止めなさい』のワンワン。歯は剥いていません。


いつもは止めに入るルークですが、
今回はミューズに任せたようで背を向けていました(笑)


20秒程、吠えあっていましたが
ロキが自分から歯を納め、目線を外し、吠え止みました。
すると、ミューズとサラも吠え止み(でも目線は外さない)
サラはジッと睨みつけながら、後ずさりして、ロキから離れました。
この間、ロキはじっとお座りしていました。


ロキ、ナンバー2くらいまで上がって来そうな嫌な予感です(T_T)


IMG_2235.JPG


犬たちの揉め事、止めるべきか放っておくべきか。
多頭飼いでは一番悩むところです。
飼い主の前では唸り合いも許さない、という人から
とことん決着がつくまで放っておく、という人もいます。
また、そういうことが無いようにケージ飼い、という人もいます。


犬にも因るし、人にも因るし、
一概に『どうするべき』という正解はないと思います。
ワタシが取っている方法は間違っているかも知れないなぁとも思います。


いざとなったら・・・もしどちらかが怪我をするようなケンカになるようなら
もちろん人が介入しなければならないけれど
犬たちがお互いを同居者と認めるためには
自分たちが納得してくれないと、とも思うし。
・・・難しいところだなぁ。


オーパスは上昇志向がまるでない子なので(笑)
その点は楽だったんだけれど
ロキは一筋縄では行かなそうですよ。


IMG_2228.JPG
赤い花と赤緑の美しい葉は枝もののDiablo。Diabloはイタリア語で悪魔の意。我が家には何ともタイムリーな。。。


そうそう。
現在一番大変なのは、トイレです。
今朝もリビングでウンチされましたよ(――゛)
これが定番とならないように、なんとか策を打たないと。
まぁ、ウンチはきれいに拾えるので良いのだけれど
カーペットでのオシッコの失敗は避けたい。


ロキはずっと家トイレだったのです。
地面や草むらでトイレをしたことは一度もないそう。
家トイレも、シートではなくて、古毛布や古タオル。
ボーダーは神経質なところがあるから
トイレの習慣を変えるのはなかなか大変です。


そこで、現在やっているのが
名付けて・・・『連れション大作戦』(爆)


トイレのタイミングを見計らって、他の犬と一緒に庭へ。
他の子がオシッコをしたら、そこを指差して匂いを嗅がせる。
すると、上書きするみたいな感じでジョ〜〜っと(*^^)v


なかなかすぐにはしてくれないのですが、
幸い4匹居るから、誰かのときには、ね。気長にね(笑)


それでも今朝は結局11時までしてくれませんでした(T_T)
ずっと庭に出ていて腕と足、蚊に喰われまくっちゃった。
すんなり外でしてくれるようになったら、きっとすごく楽になると思うなぁ〜。
でも、うちの場合は、今までこの子がどういう生活をしていたのか
十分判っているのに、やっぱり大変なのだから
保護犬の里親さんの苦労には本当に頭が下がります。


誰かのブログに『その日一日を頑張る』って書いてあったけど
今のワタシもそんな感じかな。
先を考えても仕方ないので、まずは今日のこの日を無事に過ごしたいな〜。









ラベル:多頭飼い
posted by ルークママ at 13:00| 東京 ☔| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

A Newcomer. (それぞれの成長)



土曜日から我が家にはニューフェイスがおります。
しばらくうちでお預かりすることになったロキちゃん。
3才半の♀です。


IMG_2195編集.jpg


もともと群れの中で暮らしていたので、
他の犬と暮らすことはOK。
・・・・が。
問題はうちの犬たちだよ(――゛)
さて、どんな反応をするのだろうか。



ルーク・オーパス・ミューズは大丈夫だと思ってたけど、まぁ予想通り。
リビングに入って来たロキの匂いをささっと嗅ぐと、あとは無視。


これはとても上手な対応だと内心ホッとしました。
お互いにしつこい匂い嗅ぎや無用な興奮はなく、
鼻を付けない程度に軽く匂い嗅ぎをして
あとはそれぞれ勝手に自分の場所へ行ってしまい、オカマイナシ。
ロキちゃんもホッとしたと思います。


人はついつい構ってしまいますが、この、犬たちのさり気ない対応、
見習わないとなぁ〜、と思いました(*^^)v


でも、反応というのはお互い様のことなので、
ロキの対応も上手だったからだと思います。
犬慣れしているので、過剰な反応、例えば、
怯え・興奮・攻撃などがまったくなく
フツーにさりげな〜く入って行ったから。


IMG_2199.JPG


さてさて。問題はBossの反応。
新入りには厳しいからねぇ。


ここで大ゲンカになるようなら、しばらくはケージ?サークル?隔離?
なんて心配していましたが、できれば自由にさせてあげたい。
もともと自由に暮らしていた子だから。


サラさん。すぐにやって来て、顔を近づけ、軽く唸る。
『あたしがここのBossよ。分かったわね?』といったところ?


この唸り。
人から見ると・・・
『知らない家に連れて来られた可哀そうな子に
どうして優しくしてあげられないの!』
と思うかも知れない。


でも、群れに入れてもらう、ということは、そう易しいことではない、
とワタシは思う。
ロキは、ちゃんと受け入れてもらえるような対応をしないといけない。


それに、サラは上下関係を最初にはっきりさせたいだけで
襲ったり、過剰に反応してパニクったりしているのではないから。
だから、ロキに対して、唸ったり、
急に目の前を横切られたときにギャウギャウ!と叱ったりはしたものの
決して咬みついたり、吠えたてたり、襲いかかったりはしない。


そして、ロキちゃんが来た翌日のこと。
サラがロキに唸る声が聞こえた。
そして、もう一つ、唸る声が。
ロキが唸り返した!?
大ケンカになったら困る!
行ってみると・・・・


そこには、
ロキに唸るサラ、そして、
反対側に首を折るように曲げて視線を逸らせ、立っているロキ。


そして、その間にすっくと頭を入れて
じっと正面を見ながら、低く唸るミューさんの姿が・・・。


それを見たとき、あのミューさんが・・・と思うと
ワタシはちょっと感動してしまった。
と、同時に、自分がちょっと恥ずかしかった。
なぜかと言うと、もし、サラがロキを攻撃するようなことがあれば
絶対にミューズはサラに加勢して
一緒になってロキをやっつけちゃうだろうと思っていたから。


でもミューズは体を張ってこの争いを止めようとしていた。
これは別にロキを守ろうとか庇おうとか、
そういうことではないと思う。


ミューズはサラの興奮を諌めようとしたのだと思う。
だって、このケンカは群れにとって何の得にもならないから。


IMG_2207.JPG


来た日は、ワタシにぴったりとひっつき1歩たりとも離れられなかったロキ。
(まぁ、それがサラにはイライラの素だったんだけど)
2日目は少し落ち着き、サラやルークと一緒に散歩にも行った。
ルークには遊びに誘ってもらい、少し遊んだ。
ミューズとは身体をくっつけて寝させてもらえた。
オーパスはボールを咥えて遊びに誘ったけど、ロキに無視されてた(爆)
誘い方がちょっとザツだったかねぇ(^^ゞ
頑張ろう、オーパス(笑)


サラも1日目はロキの行動をずっと監視していたが、
3日目の今朝はあまり気を張らなくなった様子。
定位置のワタシの足元でウトウト寝ている(*^^)v


ロキは、1日目と2日目はパンティングしていたが
今朝からそれも止まった。
ごはんも完食!
ワタシから離れて一人でウロウロできるようになり
今朝はリビングの中央で大量のウン○を2回もしてくれた。


やっと少し慣れたんだねぇ。溜まっていたものが全部出て、良かったね!
カーペットでトイレされてこんなに嬉しく思ったのも
・・・・久し振りだよ〜(爆)


IMG_2214.JPG


P.S.
そしてこれをアップしている今は、ナント5匹で遊んでいます。
遊びの中心にはミューズとロキ(*^^)v
これからきっといろいろあると思いますが、とりあえずはホッ♪










ラベル:多頭飼い
posted by ルークママ at 10:42| 東京 🌁| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

My One And Only. U (お互いを重んじる)









ルークがFTに参加した日のことの後編です。


CIMG1915編集.jpg
咥えたおもちゃをルークに押しつけるリデル。おどけた表情がラブリーだね〜♪


リデルともたくさん遊びました。
犬もトシを取ってくると、ストライク・ゾーンが小さくなるようで
ルークが初対面の相手とこんなに打ち解けて遊んだのは久し振りでした。


CIMG1913編集.jpg


リデルの遊びを見ていて、いつもすごいなぁと感じることがあります。
それは『自分の遊び方を相手に押し付けない』ということです。
自分さえ楽しければ良い、というような身勝手な遊び方ではなくて
リデルは相手に合わせて遊ぶのです。
なので、2匹の遊びも初対面とは思えないような
息の合った、見ていて安心できる、微笑ましい遊びでした。


CIMG1912編集.jpg


オーパスとはキレのある、素早い動きの遊びをしますが
ルークとは、じぃさんを労わるようなジェントルな遊び方。
そして、オーパスやミューズとの遊びでは、
リデルはこの精神面で幼い子たちに、自分の首を咬ませて遊ばせるのですが
ルークとの遊びでは、ルークの首を咬んで遊んでいました。
ワタシにはこれがとっても微笑ましく感じられました。


CIMG1916編集.jpg
***もちろん本当はちゃんと貸してくれていますよ〜(*^^)v***


そして。
ルークがワタシのところに帰って来たときの
ベチョベチョの首回りと嬉しそうな顔と弾んだ息。
犬としての最高の笑顔だったよ〜(*^^)v


さらに。もう1つ嬉しかったこと。
太助とごく自然に素敵な挨拶ができたこと。


CIMG1918編集.jpg
お母さんとおもちゃで遊ぶ太助


若い頃に、ワタシが変に拗らせてしまったために
ルークは♂犬への対処に自信がない部分があるのでネ。
ワタシにはこういうことがとっても嬉しかったりします。


太助はとっても素敵な雄です。
犬語が上手で、しっかり自分を持ち、雄らしくいつも堂々としています。
でもとても自然体で、堂々としているんだけれど、威張ってはいない(*^^)v


だから、たぶん大丈夫だろうとは思っていたのですが
彼は若い大型のオス。
ルークには初めての場所・メンバーでもあるし、
何かの動きにルークが過剰反応することも予想されたので近づけないでいました。
タスクの場は、飼い主さんたちがまた素晴らしく
新入りがいても、さりげなく無視しますし、
過剰に構ったり、呼び寄せたり、
自分の犬を無理に近づけたりは絶対にしません。
なので、常に穏やかで誰にも居心地の良い空気が流れています。


しばらくして、みんなで立ち話していたところ
太助とルークが自然にすっとお互いに歩み寄り、挨拶となりました。


ワタシの身贔屓で恐縮なのですが
2匹の♂犬の挨拶は、堂々としていて、でも緊張感はなく
丁寧だけれど、しつこくなく
とても礼儀正しかった!
あ〜、なんて素敵な2匹なんだろう・・・。


こうして、ルークのタスク初参加はたいへん実り多く、
楽しい午後となりました。
ワタシと一緒に作業することが大好きなルーク。
ぜひまた機会を作ってあげたいと思いました。









ラベル:犬と学ぶ
posted by ルークママ at 10:51| 東京 ☁| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

My One And Only. Part T (以心伝心)




CIMG1912.JPG


昨日のFT。
オーパスは朝からお腹が緩かったので、お休み。
ピンチヒッター=ルークと参加させて頂きました。


長くなるので、今日は前編です。


ルークは今月で9才になりました。
これからは、益々(笑)ゆっくりと自分のペースで
できるだけストレスの少ない穏やかな生活を送って欲しい
・・・と思うと同時に(爆)
あまり負担にならない程度に
ときには頭を使ったり、活発に運動したりして
ワタシと遊んで欲しいと願っています。


初めての参加でしたが、みなさん、温かく迎えて下さりありがとうございました。
遊んでもらったり、撫でてもらったり、おやつを頂いたり。
人が大好きなルーク、本当に嬉しそうでした。


フラフープに入るタスクにもトライ♪
同じことを同じように教えているつもりでも
オーパス、ミューズ、ルークと反応が違うのが面白い。


CIMG1907.JPG


自分の身体を意識する、ということが苦手なオーパスは
このタスク自体が分かりにくい(笑)
ミューズはワタシの表情をチラチラ読みながら、
座るべき場所を探り当てていた。
ルークは、ワタシの目線と指先から場所を推定、
くるりと半回転して、後ろ向きにピョンとお尻から入ります(^^ゞ
3匹3様。本当に面白い。


で、なんで3匹3様になってしまうのかと言うと
ここがタスクの重要なところだと思うんですけれど
人が、正解の形を教え込むということをしないから。
もちろん最初は誘導しながら正解を見せるのですが
2〜3回やったくらいでは、犬はこの一連の行動の何が正解だったのかは分からない。
それを少しずつ、犬がイラつかない程度に、自分で考えさせる。


だから、輪に入れる、ということが重要なのではなくて
『輪の中でオスワリする=正解!』と犬が気づく過程こそが
大切なのだと思います。


CIMG1917.JPG


さらに。この『犬に考えさせる』ということは
人にとってもそんなに簡単なことではなくて
特にワタシのようにせっかちな人間は
すぐに『正解』を教えたくなってしまう(笑)
でもそこを、ヒントを出しながらも、犬のモチベーションを保ちながら
冷静に、犬に考える機会を与える。
人もとても頭を使います(笑)


犬に考えさせる、でも、長く考えさせ過ぎるとイライラしてしまう。仕切り直す。
このポイントが犬によってみんな違うのも難しいけれど面白い。


それにしても。
久し振りに一生懸命考えるルークの真剣な顔。可愛かったです(笑)
ルークは一生懸命ワタシの言っていることを理解しようとします。
ときどき小首を傾げながら聞き入る姿は、今にもしゃべり出しそうでした(笑)







ラベル:犬と学ぶ
posted by ルークママ at 13:46| 東京 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

My Life Beyond Dogs. (雨の合間に)




IMG_2140.JPG


玄関脇のフランネル・フラワー。
日当たりが悪いのに、頑張ってくれてありがとう。


梅雨の晴れ間は貴重。


朝の比較的涼しい時間に花の手入れを。
この季節の緑は本当に美しくて
ちりとりの中でさえ、きれい。


IMG_2143.JPG


庭用に大きな麦わら帽を買った。
被って見せたら、娘にニヤリと笑われた。


IMG_2149.JPG


おばさんくさい・・・そうです(笑)


おばさんのどこが悪いっ!(爆)


IMG_2158.JPG


庭のバラも第一陣がそろそろ終わり。
上はモダン・シュラブ・ローズのフェアリー。
『あなたのお庭に妖精を』のキャッチコピーに釣られて
つい買ってしまった子。
丈夫で良く咲いてくれる。


IMG_2161.JPG


西洋アジサイのアナベル。
昔は珍しかったけれど、今はたくさん見るね。


IMG_2164.JPG


シェード部分に植えた斑入りのアジサイ。
日当たりが良くないんで花はイマイチだが
葉が艶やか。
バックは斑入りドクダミ。


花は良いね。


静かで(笑)














ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 11:24| 東京 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

A Split Second Difference. (その一瞬を迷う)




東扇島1.jpg


アジ練で、『難しい・・・。』と感じることは
悲しくなるくらい、山ほどあるのだけれど(――゛)


その中でも、現在、断トツ難しく感じているのが
『見切り』のタイミング。
我ながら、本当に、分かっていません(汗)


だいたい、下手くそなワタシがこのことを記事にしちゃうことすら
本当は気が引けるのですが(^^ゞ
今苦労していることの記録、として書いてみたいと思います。


見切りって、どう説明すれば良いのだろう・・・。
説明すら上手にできないんですけれど(笑)
例えば、自分も犬も走っているとします。
犬を見ながら、『ホップ!』とハードルを指差します。
このときワタシの視界は犬とハードルを捉えています。
犬がハードルを跳ぼうとする瞬間、
もしくは跳んだ瞬間、
犬から目線を外し、自分は次の障碍のハンドリングへ移ります。


次の動きへ移行するタイミング、と言ったら良いかなぁ。
犬の動きを見切るときのタイミング、
本当に難しいです。


見切りが遅いと、
・・・つまり、犬が指示通りにその障碍を跳んでいることを確認するために
必要以上にしっかりと見届けてしまうと・・・
次の動きに間に合わなくなってしまう。


見切りが早過ぎると、
・・・つまり、犬が指示された障碍にコミットする前に
犬から目を離して、次の動きに移ってしまうと・・・
犬が『あっ、違うのね』と跳ばないで付いて来てしまったり
わざわざ進路変更してしまったりする。


これはこれで、凄いなぁって思っちゃうんですけどね。
それだけ敏感にワタシの動きに反応してるってことだから。


これね、数秒のことじゃぁないんですよ。
コンマ数秒のこと。
このタイミングが、なかなか掴めない。


常に、
一瞬、早い、か
一瞬、遅い
・・・なんだよね〜〜(T_T)


それに、タイミングが常に同じってわけでもない。
その先の動きによって、着地まで見ているときもあるし、
(例えば着地と同時に呼び込む、とか)
早めに見切らないと間に合わなくなるときがある。
でもそんなときも心配だからついコンマ数秒長く見てしまい、
やっぱり間に合わなくなる(笑)


いつになったらそのタイミングが掴めるのかなぁ。


東扇島3.jpg


以前にも書いたのですが、
ワタシの周りには、美しいハンドリングをする人が多いです。
そんなハンドリングは、犬と人の一体感が素晴らしい。


まるで音楽に合わせてワルツを踊っているよう。


ハンドラーの指先からは魔法の糸が出ていて
犬がその糸につられるように、生き生きと走る。


そういうペアの走りを見ていると、
思わず『きれいだなぁ』と感嘆。


知らない道でもナビが上手だと安心して運転できるでしょう?
そんな感じ。
ワタシのように交差点に差し掛かってから『あっ、ここ右だ!』とか
『え〜と、次、どっちだっけ』なんて
そんなナビじゃぁ、ミューズは気持ち良く走れないよね。
バタバタしちゃう(^^ゞ


犬の動きとハンドラーの動き。
これが自然に流れるように美しく見えるペア。
知らない人が見るとあまりにも自然で、簡単そうにさえ見えます。
でも実は、これはものすごい技術とセンスなんだよな〜〜。









ラベル:犬と走る
posted by ルークママ at 12:26| 東京 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

Sometimes How I Feel Is Irrelevant, And I Should Focus On How He Should Feel. (思考回路)






IMG_0023.JPG




気になっていることがあります。
それは、オーパスにとって
リードを外す = ボール投げなどの興奮する遊び 
という図式。


リードを外すと、オーパスの表情が変わります。
一瞬にしてハイテンションになる。
ボールが出てくるのをワクワクとして待つ。
リードを外す → 興奮のスイッチが半分入っちゃう。


オーパスは思いこみが激しいから
ノーリードでゆっくり一緒に歩く(≠ボール)ということは
たぶん出来ないんじゃないかなぁ、と思っていました。


先日、広い芝生(私有地)で、
ノーリードで歩こう、とリードを外しました。


リードが付いた状態では、フラフラと匂い嗅ぎをしながら
ゆったりと散歩していたオーパスですが
リードを外した途端に、『ボール・モード』全開。


ワタシが知らんぷりして歩き続けると
ボールを催促するように、ワタシの周りを回ったり
足元までダッシュして、離れたりします。


それでも無視して歩き続けると
ぴったり脚側に入りました。
高得点が期待できるような脚側(笑)


これは、競技会用脚側=ご褒美のボール、という図式。
どうしたらボールが出てくるのか、彼なりに考えているのでしょう。
競技会や訓練から遠ざかるようになってずいぶん時間も経っているのですが
オーパスにとっては楽しい遊びだったんだねぇ。



リードを付けると、散歩モード。


外すと途端にスイッチが入ったようにボール・モード。


やっぱり、ノーリードでのゆったり散歩はできませんでした(汗)


先日、友人から興味深い話を聞きました。
この友人は幼児発達心理の専門家です。


ある強烈な経験をすると、脳は、その体験と感情を
直接、結びつける強力な回路を作ってしまうそうです。
あることと恐怖が強力な回路で結び付いてしまうことがPTSDだそうです。
人間のPTSDの治療では、この回路を断ち、
別の回路を作ってあげるようにするそうです。


オーパスは学習スピードが速い。加えて神経が細い。
ということは、こういう回路ができやすい、
ということが言えるのではないかなぁと感じました。


うちに来てから、オーパスの一番の課題は
興奮の沸点を上げること。


そのためには、やはり、他のいろいろなことに加えて
『広場・ノーリード』=『アドレナリン全開・興奮』
という、この回路を変えてやる必要があるのかなぁ、と。




ラベル:犬と考える
posted by ルークママ at 10:54| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

They Might Enjoy It Too. (寄り道)





CIMG1001.JPG



今の時期の散歩・・・。


途中にバールがあったら良いなぁ、なんて。


ウッド・デッキにパラソルがあって
冷えたビールが美しい長いグラスでサーブされて。
・・・塩漬けのオリーブと一緒が良いね。


散歩の帰りにちょっと寄るんだ。
犬も足元で冷たい水を飲んで。


・・・なんて妄想に浸りながら歩いてます。


IMG_0164編集.jpg


あ〜。今日も暑かった。













posted by ルークママ at 19:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

Time To Swallow My Little Pride. (二代目)




CIMG0203編集.jpg



今日ね、二代目2台目のダイソンが届きます。


これがね、とってもフクザツ気分なのです。


だって
『お誕生日のプレゼントにダイソン買ってあげる』 
ってダンナに言われたから。


ワタシにとってお誕生日のプレセントって言うのはね。
花束とか、バッグとか、クツとか、

旅行とかね、

そういうプライベートなもの。


家電は・・・ちょっとちがうんじゃね?(-"-)


それに。
『買ってあげようか』って何なのよ。


毎日汗だくになってお掃除してるんだから
道具ぐらいちゃんと買いなさいよ(怒)


最初にダイソンを買ったときも
同じことを言われて
ブチ切れたワタシは自分の貯金はたいて買ったんだよ。


で。
今回のこの申し出も、本当はブチ切れそうだったんだけど
今回は、ワタシのちっちゃなプライドはちょっと横に置いておいて
『買ってもらう』ことにした。


誕生日、もうどうせあんまり嬉しくないから(爆)


新しいダイソン。
悔しいけど嬉しい。
フクザツ〜〜。








ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 12:28| 東京 ☔| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

Time Passes Slowly In The Kitchen. (季節労働)





この季節になると必ず、すること。
梅酒作り。


自家製の梅酒は好みの甘さでウマイ。



今年はこんなものもつけてみました。


IMG_2127.JPG


枇杷酒。
どんな感じになるのか、ちょっと楽しみです。


そして今、ハマっていること。


この鍋いっぱいの野菜、
何になるか、と言うと。。。



CIMG1904.JPG


そう。
ピクルス。


IMG_2128.JPG


呑むこととおつまみには
結構、まめなワタシです。




ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 19:46| 東京 ☁| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sometimes You Don't Get A Second Chance. (足りないもの)





梅雨入り前の貴重な晴れ間。


昨日はアジ練に行ってきました。


IMG_0924.JPG



夏の課題、山積、です。

・・・まずは私の精神面を鍛えないとなぁ。


でへ・・・・(^^ゞ














posted by ルークママ at 15:38| 東京 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

You Got To Walk Your Dog ! Says Victoria. (夕暮れどき)






CIMG9623.JPG


イギリスのトレーナーでVictoria Stillwellという人がいますよね。
・・・いますよね、なんて言い方をしたのは
日本でも彼女のしつけ番組がケーブルTVで放映されているから
ご存知の方も多いかなぁなんて思ったものですから。


『困った犬に困ってる飼い主』の元へ
最後の頼みの綱、みたいな感じで行って
犬と家族を救う、みたいな番組なんですけど
結構面白くて(^^ゞ


ワタシが一番好きな場面は
飼い主の呆れた言い訳を聞いたときのVictoriaがカメラに見せる
眼をくるっと回した『かんべんしてよ』という呆れた表情と
散歩に行かない飼い主に、こぶしを握り締めて怒りながら言う

I don’t care if you are tired or don’t have time !
YOU GOT TO WALK YOUR DOG !


もちろんキメゼリフでも何でもなくて
言葉は毎回少し違うわけですが
この番組に出てくる多くの犬の問題行動は
散歩不足から来ている、ということがあるのでしょう。


『疲れてる、とか、時間がない、とか
 そんなこと知ったこっちゃないわよ!
 犬を飼ったなら、散歩に連れて行きなさい!』


と本気で怒ります。
ワタシはこのときの彼女の真剣さが大好き(^^ゞ



CIMG9620.JPG



ところで。
ワタシは犬の散歩が大好きです。
ブラブラと犬と一緒に知らない場所を歩く。
馴染みの道を歩く。
犬を従えて歩くのでもなく、
犬について歩くのでもなく。
まぁ、正直そういう瞬間もありますけど(笑)
一人では寂しい散歩も、犬と一緒だから楽しい。


せっかく犬を飼っているのに
時間がない、とか、面倒だ、と散歩しない人がいるのなら
なんてもったいないことなんだろう、と思ってしまう。


今の季節。
一番好きな時間は夕暮れどき。


この時間の遊歩道は人も犬もすごく少なくて
周りをあまり気にせずにゆっくり歩ける。


薄暗くなってくるときの
何とも言えない物悲しい感じも好き。


お母さんと子供たちが家に帰り
換気扇からお夕飯の匂いがしてくるのも好き。


そしてこの一番好きな時間帯の散歩相手は
もちろん、ルっちゃん。
ルークとの散歩は
2人で手を繋いで歩いているような気さえするから。


おっさん、たまに男の子にケンカを売られて怒鳴り返したり
女の子にぼ〜〜っと見とれたりするけどね(笑)
ま、それも御愛嬌ということで。






ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 09:51| 東京 ☔| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

What’s Wrong With Being Picky. (選択眼)





15_large.jpg



犬が苦手だからと言って、犬を避けていると
いつまで経っても犬に慣れない。
積極的にいろいろな犬と会わせて、犬に慣れさせる。
これが社会化。


そう思っている人は、未だに結構多いと感じます。


ワタシも、『犬の社会化』ということを巷で耳にし始めた頃は
とても『積極的な』イメージがあり、そのようなことかと思っていた。


昨日、オーパスとブラブラ散歩していると
向こうから若い柴がやって来ました。


こちらを見て、立ち止まり、じっとこちらの様子を伺っている。
興味があるのか、警戒しているのか。どっちだろう。
すぐに攻撃するような感じは受けませんでしたが
和犬のサインは洋犬のそれとは異なり
とてもsubtleでワタシには解り難かったりする。


さらに、うちの犬たちも(サラを除いて)
良く解っていないんじゃないかと思う(笑)


以前、ちょっとしたことがあったときに
主さんからいくつかの注意事項を教えてもらっていたので
良く知らない犬の場合は、それを見逃さないようにしている。


このときは、その注意事項に当てはまるような気が
なんとなく(笑)したので
すれ違う少し手前で、
ワタシを盾にするような形でオーパスを反対側に誘導し
すれ違おうとしました。


それでも向こうは、『こんにちは〜、挨拶良いですかぁ〜』と
近づいてきたのだけれど
すぐ足元まで寄って来たとき、
その子は口をOの形にして前歯を全部剥いていて
目も吊り上っていて・・・。


まったく唸り声とかはなかったので、飼い主は気づいていない。


『あっ、歯を剥いているから、ダメかも』
と慌てて言うと
『あっ、犬、ダメなんですか? 大丈夫そうだけれど。』
とオーパスを覗き込む。


えっとー。そうじゃなくて(笑)


その子は犬が苦手なので、慣らしたいのだそうだ。
自分から寄って行ったので、仲良くできると思ったそうだ。


(本当のところは犬じゃないので分からないけれど)
ワタシには、パーソナルに侵入して来る相手を追い払おうとした、
・・・もしくは・・・
興味はあるんだけれど怖いから強気に出て様子を見ようとした
そんな感じに映りました。


どちらにしても、やたら近づけることで、
犬を好きになって挨拶上手になるとは思えない。
慣らすっていうことはどういうことなのか
良く考えないと、逆効果になっちゃうなぁ〜って
改めて考えちゃった。


そう言えば、話はちょっと変わりますが。


うちに帰って来た頃は、誰にでも寄って行って
誰とでも遊びたがったオーパスですが
(やっと!)相手を見てから、寄るかどうかを判断する
という様子を見せるようになりました。


ワタシが最初にルークのときに教わった訓練では
自由に犬同士を近づけたりしませんでした。
これは飼い主が犬のリスク管理をすると言う意味では
利点があると思います。


もちろん場所は弁えないといけないけれど
でもワタシは自分で考えることのできる犬に育ってほしい。
その上で、最終的な判断はワタシに任せることのできる犬になって欲しい。
(贅沢だな・笑)


オーパス。最近は、相手が友好的であっても、
所作が乱暴な犬、興奮しすぎている犬、
慌てている犬、mixed messagesを送信してくる犬
まず順位付けをしようとする若い♂などには
自分から知らんぷりをするようになりました。
遊びの誘いにも乗らない、という判断も出てきました。


誰とでも仲良く出来る
ということが大切なのではなくて
相手を見る目を持つ
これが大事なのかもなぁ〜
って最近のオーパスを見ていて思います。




ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 23:36| 東京 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

Feel The Cool Breeze Blowing. (おむすびころりん)




長年、主婦をしていると
おむすびは数百個は作ってきたと思いますが


ひとが作ってくれたおむすびを頂く機会は
とても少ない。


ひとが握ってくれたおむすびとか淹れてくれたお茶って
思わず心がにこにこしちゃうくらい、美味しい。
大げさじゃなくて、『あ〜〜幸せ♪』って思っちゃう(笑)


自分がおむすびを握るとき
『美味しくなぁれ』って思いながら握るけれど
おむすびって握ってくれる人の気持ちが詰まっているのかも。
yokoさん、美味しいお昼をおご馳走さまでした。


そして幸せなお昼を頂いたあと、ゆっくりお散歩しました。
木陰の散歩道は涼しく、気持ち良かったです。


26_large.jpg


ますます堂々としてきたモモちゃん。
モモちゃんの変貌には会うたびにびっくりさせられます。


61_large.jpg


マイペースなアスパ嬢。
思ったより行動範囲が広域で、
一人でどんどん行ってしまうのにはびっくり(笑)


2匹を見ていて、ヨーキーは『テリア』なんだなぁって
感じた一日でした。


そして仲良く遊んだこの2人。


52_large.jpg


遊んだのは初めてですが、今まで何回も会っているので
なかなか息の合った追いかけっこを披露してくれました。


28_large.jpg


Panくん2才。サラもうすぐ8才。
いいなぁ〜。人間じゃあり得ないなぁ〜。
なんて思ったりして(爆)


みなさん美味しい&楽しい時間をありがとうございました!
話しが尽きなくて、合宿化決定ですかね!?(爆)


アスパママさん、写真を使わせて頂きました。
素敵な写真をたくさん撮って下さりありがとうございました。


















ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 00:34| 東京 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

Do We Know Where We Are Headed ? (マダムぅ〜♪な一日♪)





今日はお友だちのゴールデンが
ビヨルキスのハーネスを買いたいと言うことで
ミューズをお供に ぴかぴか(新しい)田園調布〜〜ぴかぴか(新しい) へ。

お買い物をした後に、カフェでランチ。

田園調布11.bmp

これにコーヒーを付けて1200円は高いか安いか・・・。
内容的には娘の弁当とほぼ一緒だし。。。(笑)

ちなみにコーヒーはエスプレッソ?って思ったくらい濃くて美味しかった。

田園調布6.bmp

犬は店内もOK。
でもテラス席の方がスペース的にゆったりで
大型犬連れでも気楽。

床がタイルだったのでひやりとしていたのか
ミューズはずっと気持ちよさそうに伏せていました(^_-)


その後、ぶらぶらとお散歩。。。

・・・と言うか まるでおのぼりさん状態で
不審者のごとくキョロキョロ(笑)

途中で素敵な公園に出て、散策。
だ〜〜れもいませんでした。

田園調布1.bmp

田園調布5.bmp

ちなみに住宅街もだ〜〜れも歩いていませんでした。
なんだか不思議な街だね。

歩いていると、おまわりさんが何人も。

友人と、『あっ、もしかして』。

そう。今日話題のあの方のご自宅でした。

お宅の前でミューちゃんの写真撮っちゃう〜〜?なんて思ったけど
イイトシしてあまりにも不謹慎なのでやめときました(爆)
玄関横に交番があるのねぇ。
『御苦労さまです』









ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 20:14| 東京 ☀| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。