2010年08月31日

We'll Have Fun, Fun, Fun! (真似っ子)




IMG_2795.JPG



最近のワタシのツボ。
ミューズ&ロキとの散歩。


いろいろな組み合わせで散歩するのですが
今一番お気に入りの組み合わせがこの2匹。


この2匹。
いかにも“女の子同士で歩いてる”って感じ。


ミューズが匂いを発見して嗅ぎ始めると
ロキが鼻をくっつけるように一緒に嗅ぎ始める。


ミューズが犬と挨拶すると
ロキも寄って行ってその子と挨拶する。


ミューズがオシッコをすると、
ロキがすぐ隣に来て一緒に並んでオシッコする。


ロキがオシッコすると
ミューズが匂いを嗅いで、そこにする。


ミューズがウンチを始めると
ロキが横に来て一緒にウンチする。


休み時間にいつも手を繋いで一緒にトイレに行く
小学生の女児みたいで(笑)
並んでトイレする姿は本当に可愛いの〜(←バカ)


IMG_2809.JPG


初めて散歩でウンチをした翌日、
散歩中にロキが道端でウンチ・ポーズで屈んだところ
後ろから追い越そうとしたおじさんが
(たぶんロキが座ったと勘違いしたのだと思うのだけれど)
『お〜〜、可愛いなぁ』と言いながら
いきなり顔を両手で挟んで、頭部をワシャワシャした、
という出来事がありました。


ワタシもロキも唖然だったのですが
もちろん出るべきものは止まってしまい
それから数日は散歩ではしてくれませんでした。


でも、ミューズと一緒に歩くようにしたら
並んでしてくれるようになりました。
朝夕のトイレのタイミングが整ってくると
失敗もぐっと減り、とても楽になりました。
・・・油断は禁物だけれどね〜(^^ゞ


ミューズとロキは1才違い。
ミューズは明るい遊び好きな犬なので、
ロキはミューズと一緒にいるのが楽しいようです。


でも真似て欲しくないことも今朝は真似てました。


ミューズが吠えたら、ロキも吠えてた・・・(*_*;


ミューさん、そういうことは教えなくて良いから。

















posted by ルークママ at 18:53| 東京 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

I Don't Think Some People Are Ready To Own A Dog. (自分の身に置き換えてみる)




IMG_2475.JPG



今、午前中の9時過ぎ。


我が家の庭は、南西向き。
なので、午前中は日陰になる場所なのに、
数週間前は9時にはすでに耐えられない熱気で
庭に出るとオーブンの中に入ったのか、と思うくらいでした。
トイレをさせるのも『できるだけ手っ取り早く』。


バッと汗が吹き出し、陽射しに頭がクラクラ(笑)
黒い子たちは、あっという間に熱くなっているので
早々に取り込んで、氷を一かけら、水を飲ませる。


・・・だったのに、今日は、涼しいとは言えないまでも
んんん、特に暑くはなかったね。


なので、みんな15分程、好きなようにウロウロ。
と言っても、ウロウロできるスペースがあるわけではないので
好きなように寛ぐだけだけれど。


垣根の隙間から、外を眺める子。
地面に伏せて、目を細めながら、空気の匂いを嗅いでウトウトする子。
早々にトイレを済ませて、部屋に入って、涼しいところでみんなを待つ子。


ワタシはバラの葉についた毛虫取りに励んじゃった。
害虫を取るのと雑草むしりはちょっとした達成感がある(笑)
でも蚊に刺されまくった。
夏の終わりの蚊は格別に痒いと思うのはワタシだけかな。


『数週間前とは暑さが違う』と娘に言ったら
その数週間前のこと、代々木公園に行ったとき
チワワを散歩させていたカップルが居たそうな。。。


もろ日中。人もぶっ倒れそうな暑さの中
チワワはふらふらと引き摺られるように歩かされていたそう。
可哀そうで見ていられなかった、と。


そういうときは、ちゃんと注意できたら良いね、
と娘に言おうかと思ったけど、結局、言えなかった。
都会はヘンな人も多いから。
チワワも可哀そうだけれど、大切な娘に逆上されるのも、困る。


ワタシは一度、ウンチを拾わないで立ち去ろうとしたオヤジに注意したら
(オレはずっとこうやって犬を飼ってるんだ他所者のくせにブッコロスゾテメー)
みたいなことを大声で怒鳴りながら、詰め寄って来て
めちゃくちゃ怖い思いをしたことがあります。



小型犬は散歩が要らない、という人が居たり
酷暑の中を散歩させる人が居たり。
自分の身に置き換えて考えてみればわかりそうなものだけれど。


最初に売るときに。
せめて。
ペットショップで最低限の正しい知識を与えてあげられないのだろうか。
生き物を渡しているのだ、ということに
もうちょっと倫理的な責任を感じてもらえないだろうか。


















ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 10:23| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

You Need To Get Your Priorities Straight. (ちょっと違うような)




IMG_2796.JPG
ディスクを見失って困った様子のミューズ(笑)



まだまだ日中は暑い日が続いていますが
朝夕は少しマシになったような気がします。


散歩も徐々に本格的に戻す準備を、と思い
今週から、早朝30分〜45分、遅夕30〜45分と2回に分けて、
を、実施中(^^ゞ
生活のリズムも戻りつつあり、良い感じです。
あまり無理をさせないように注意しつつ、
無事に残暑を乗り切りたいなぁと思っています。


さてさて。今朝のこと。
5時に第一陣のルーク&サラを連れて玄関を出ようとしたとき。
ちょっと唖然としてしまうことがありました。


うちの玄関脇のタイルにオシッコを掛けている♂犬と鉢合わせに・・・(――゛)
何もそんなところでさせなくても、と思っていると
飼い主さん(いい年をした女性)、ニコッと微笑んで
『おはようございます♪』と言いながら、
持っていたペットボトルの水をちょろっと掛けた。


これでOKでしょ?
と言わんばかりの笑顔で・・・。


ムッカ―――!としたので、ルークとサラを玄関に繋ぎ、
久し振りに大人げなく(・・・あ、大人げないのは久し振りじゃないか・・・)
玄関横の水道で思いっきり水を掛けて流した。


その人の見ている前で当てつけがましくやったつもりだったんだけど
その人はどんどん先に行っちゃったみたいで、
結局、ワタシの無言のProtestには気付いてもらえなかったのが
ちょっと寂しい(T_T)


でも。
その人の後姿を見ていたら、数メートル置きに犬は所構わずオシッコを掛け、
その人はペットボトルの水をちょろっちょろっと掛けながら歩いていました。


なーーんか納得いかない。


水を掛ければ良い、というものではないと思うんですよ。
だいたい、ペットボトルの水をちょろっと掛けたくらいでは
オシッコが少し拡がるくらいで、ぜんぜん流されていない。


確かに、これを『良いマナーだ』と言う飼い主さんは多い。
でもワタシは、所構わず犬にオシッコをさせるのは
『悪いマナー』だと思います。はい。
気をつけていても、アクシデントはある。
そういうときのためのペットボトルなんじゃないのかしら。本来は。


うちの近所は、川沿いの遊歩道もあるし、小さな雑木林や
草むらや、空き地もあるのだから
ちゃんと場所を選んで排泄させれば良いのに、と思ってしまう。
玄関先にマーキング。
植木鉢にマーキング。
花にマーキング。
マーキングのオシッコって臭いし、植木や花は枯れちゃうんだよね。


『仕方がないのよね〜、どこでもしちゃうのよ〜、犬だから』
と言った友人がいるんだけど、チガウと思うんですよ。
習慣の問題じゃないのかな、って思います。
だからこの人の犬は玄関先でもどこでも排泄しちゃいます。


ワタシは、排泄して欲しくない場所で犬が立ち止まって
匂いを嗅ぎそうになったら、リードを引っ張ってどんどん先へ進みます。
『嗅がせてあげれば良いじゃないの、引っ張ったら可哀そうよ。』
ってこの友人に言われましたけど、
こんなことはぜんぜん可哀そうとは思わないでーす。












ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 13:15| 東京 🌁| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

Nobody Wins If You Fight.(群れの平和を守るのは)






IMG_2732.JPG
ロキです。今朝、初めて散歩でウンチができました!





先日、すごく興味深いことがありました。
何がきっかけだったのかは分かりませんが
ミューズとサラが唸り合いの状態に。


お互いにO(オー)の形に口を開け、前歯を見せて、
どちらかが動けば、ケンカになる・・・そんな状態でした。
ひさびさです(^^;)


見ると、なんとロキが2匹の間に顔を入れ
目線は外したまま、ミューズの口元に自分のマズルを
ツンツンするような感じで寄せていました。
ミューズを宥めている!と思いました。


そして、もう一歩、間に入って、
サラに対しても同じようにしていました。


そしてナント2匹は唸り合いを止めました。
ミューズは自分から座りました。
双方、目線も外しました。


ロキは2匹の口元を交互に舐めました。
2匹も同じように耳を倒して尾を振りながら、
お互いの口元を舐めて、いつもの仲直りの儀式をしていました。


IMG_2769.JPG
(そのときの画像ではありません)


そのときのロキの様子はDominantでもControllingでもなく、
心配そうに、一生懸命、双方を宥めている、
そんな風に見受けられました。
BossとかLeaderとか関係ない。
ロキは群れの平和を守りたかっただけなのでは。
だってケンカは、誰にとっても得はないから。


これを見ていて、犬って本来はものすごく平和主義で
平和的な解決を良く知っている生き物なのだ、
と改めて感じました。


ワタシを含め、人はこういうときに
力で事態を納めようとしてしまいます。
どちらかの首輪を掴んで引き離す、とか
大声で叱って止めようとする、
とかが一般的な方法かと思います。


もちろん、もし、道で他人の犬と唸り合いになれば、
リードを引くなり、首輪を掴むなりして
止めるのは当然でしょう。


ワタシが上記の状況を冷静に観察することができたのは
自宅で、しかもうちの犬同士、
いざとなったら派手になる前に止める自信もある、
という状況だったから。


でも。このときワタシが感じたのは、
『上下関係をはっきりさせないと攻撃的になる』
とまで言われてしまう犬という生き物は
本来は、平和的な解決方法もちゃんと身につけている。


もちろん、攻撃的な解決方法だって知っているし
いろんな犬がいるのだから、『いつも任せておけば良い』
なんてマヌケなことを言いたいのでないですよ、と。


IMG_2680.JPG


でも、こういう場面を見ると、思うんだなぁ。
上手く言えないんだけど・・・


・・・トレーニングはとても大切だと思うし、
人が犬に教えてあげなければいけないことは
たくさんある、と思う。
何でもかんでも犬の本能的な行動が許容される訳はないし、
人は、犬が、人や他の動物に危害を与えないように
教育、飼育する義務があると思う。


でもなぁ・・・。
思うんですよね、こういう場面を見ると・・・。
人は、犬の暴力ばかり議論するけれど。
力に訴えたがるのは
実は、犬ではなくて、人の方かも知れない、
・・・なんてね。






ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 11:06| 東京 ☀| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

Listening To The Soundless Words. (やりとり)





今日も残暑が厳しいです。
暑さも参るけれど、この湿度の高さ!
ほぼ引きこもり状態が続いていますが
それでもジワジワとダメージがきているような気がします。


Almost引き籠り、ということで、時間だけはあるので(笑)
週末の写真を整理していて見つけた、
うちの犬たちの会話の画像をアップしようと思います。


解説は、前後の状況と犬たちの性格や関係を考慮した上での
あくまで私の推察、です。


自分の犬たちのことなので(そのときの状態や状況も分かっているし)
たぶん当たっているだろう、な感じで書いていますが
間違ってたら、ゴメンナサイ。


また、いろんな気付きを書いているブログなので
記録として残しておこう、と思って載せているだけで
決して、誰かに何かを教えたいから、なんて大それた気持ちは
微塵もありませんので、そこんとこ、夜露死苦、です。
もし、『違うよ〜 (@_@;)』と思われる方がいらっしゃいましたら
どうぞ教えて頂ければ幸いです。


では、前置きが長くなりましたが(ネットは厄介ですから・笑

まず、オーパスとサラの会話から。



IMG_2709.JPG

↑ この画像だけ見えると、2匹がなんてことなく立っていますが
オーパス(黒)、自分のディスクを守っています。
前脚でディスクを押さえて、サラ(茶)の方を見て、
控えめに、これは自分のだ、渡す気はない、と主張しているように見えます。


IMG_2710.JPG

↑サラはオーパスと同じくらいディスクが好きなので、やはりこのディスクが気になるのだと思います。
決して力づくで奪うようなことはしませんが、本当は欲しいのだと思います。

↑オーパスはサラに見られて前半身を逸らすようにして目線を外しています。
でも前脚はしっかりディスクを抑えたままです。
争いたくない気持ちと渡したくない気持ちが同居している感じでしょうか。

この直後、サラは移動しました。



IMG_2720.JPG

↑ルークの目の前にはロキ(シーズン中黒ハート)が居ます。
ルーク、遊んで欲しくて、伏せてお願いしてます(笑)
休むときの伏せと違って、身体に力が入っているし、眼にも力が入ってます(笑)
耳もしっかり前を向いています。




IMG_2734.JPG

↑ロキ(奥)とミューズ(手前)です。
ミューズは遊びたかったのですが、ロキには誘い方がしつこかったのか
強引だったのか、単に気分が乗らなかったのか・・・。
しっかりミューズの目を見て、意思表示をしています。
『やめて』と言っているように見えます。


IMG_2735.JPG

↑ この画像も一見、仲良しさんのように見えますが(^^ゞ
ロキちゃん(奥)、上の直視による注意だけでは気が済まなかったのか
軽くマズルコントロールのようなことをしているのだと思います。
ミューズは受け入れています。
このやりとりの間、ほんの数秒(もなかったかもしれない)ですが、
ミューズ(手前)は目線を逸らせています。
そして何もなかったかのように、次の行動へ移って行きました。



IMG_2679.JPG

↑オーパス。ディスクを置いてリラックスしていたところ、
誰かが近くを通りました(ただ通っただけ)。
左端のボワボワが通り過ぎた犬の尻尾の毛です。
守っています(笑)ちょっと緊張していますよね(笑)
誰も取らないんだけどね〜〜〜(^^ゞ



IMG_2707.JPG

↑サラ。落ちたディスクを拾おうとしています。
表面を向けて落ちているので咥えにくいので
前脚でひっくり返そうとしています。


IMG_2708.JPG

↑前脚をひっかけてディスクをひっくり返し、立ったところを咥えて
人のところへ持って来ようとしています。



IMG_2755.JPG

↑オーパスの舌ペロ。
何か不安?嫌なこと?を感じたのでしょうか。
あっ・・・こっちを見ているから、カメラかな(^^ゞ
ゴメンゴメン。
なるべく気にならないように望遠で撮ってはいるんだけれど。













ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 13:06| 東京 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

Shooting The Breeze. (特別なことではなくて)






『犬は笑いません』
という人たちは放っておいて(笑)


犬たちはいろんなところで笑顔を見せてくれます。


アジやシープで。
いつものお散歩で。
FTやお散歩会で。
家の中で寛いでいるとき。
家族と遊ぶとき。
犬同士で遊んだとき。
おやつが貰えそうなとき。
うん。本当にいろいろ。


でも、ワタシが一番好きな犬の表情は
庭で、フリーで、好きなように遊んだあとの
遊び疲れて満足げな表情。


美味しいものをお腹いっぱい食べた後の
子供の頃の娘の表情とちょっと似てるかもしれない(笑)


なかなか、いつもそんな風にさせて上げられないし
いつも短すぎる時間だけれど。
楽しんでくれぃ(^_-)


IMG_2692.JPG
オーパス 11月で5才。


IMG_2745.JPG
サラ 8才になりました。


IMG_2747.JPG
ミューズ 11月で5才。


IMG_2750.JPG
ロキ 来年の1月で4才。


IMG_2754.JPG
ルーク 9才になりました。


これからも楽しい毎日がずっと続きますように(*^^)v












ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 10:18| 東京 ☀| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

COME! (おいで)





image/2010-08-21T11:27:08-1.jpg


トイレに出したら
林の中にどんどん行っちゃった。


image/2010-08-21T11:27:08-2.jpg


♪〜( ̄ε ̄)で戻って来たよ。
GOOD BOY! OPUS!
posted by ルークママ at 11:32| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Taking A Break. (やっぱり外が好き)

image/2010-08-21T11:18:24-2.jpgimage/2010-08-21T11:18:24-1.jpg



最近は満足なお散歩がまったくできていないうちの犬たち。


週末だけだけど。
山に来ました。


こんなに暑くても、山には秋の気配が。


久しぶりのお外を満喫(^-^)v


走って
遊んで
トイレして
草を食べて
獣の匂いを探して
地面に寝そべって
美味しい水をがぶ飲みして
布団と一緒に干されて


アルフレスコだね。


やっぱり犬は外だね。
posted by ルークママ at 11:22| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

Stop And Smell The Roses. (気持ちの余裕)




CIMG1955編集.jpg



昨夜、遅く。
ミューズとロキの散歩に川沿いの遊歩道へ
短い散歩へ出かけました。


24HRSエアコン稼働で、引きこもり状態の毎日。
犬たちはずんずん歩きたくてたまらない様子でしたが
室内の温度湿度と余りにも異なる状況での
長時間の散歩は身体の負担になると思ったので
距離を歩くことより、匂い嗅ぎをゆっくりさせながら30分ほど。


夜、遅い時間なのですが、結構、犬の散歩や
ジョギングの人と会いました。


向こうから、父親・小学生の息子・小型犬。
子供がリードを持っていて、
犬がキャンキャン吠えながらこちらへ突進して来ます。
ミューズは道の脇で既に固まってしまいました。
それでも向こうは直進して来ます。
ミューズは横を向いて、相手から視線と身体の向きを逸らしましたが、
向こうは避けるつもりはないようです。
それでも鼻先まで突進されれば、絶対に牽制してしまいます。


リードを短く持ち、相手に背を向けるように立って
ワタシが間に入るような形で、犬の突進を牽制しようとしたところ・・・。


ワタシのすぐ後ろまで来たところで、
犬を制しようとした子供がどうも犬の足を踏んでしまった様子(@_@;)


『キャンキャン!』という犬の悲鳴とともに
お父さんの『ア”―――!!!なにやってんだよっ!!!こらっ!!!』
という子供を叱る怒鳴り声。
『○○、ごめんね、ごめんね』と犬に謝る子供の甲高い声。
中でも父親の怒鳴り声は、迫力満点で、
そこに居合わせた人も犬も、ビクッとしていました(苦笑)


そんな喧騒の中、意外にも、小型犬は吠え止んで
そろ〜そろ〜っとミューズに近寄ろうと鼻を寄せようとしていました。
ミューズも、同じように鼻を寄せようとしています。


父親がまた、子供に怒鳴る。
『こらっ!ダメだよっ!寄せちゃ!危ないだろうっ!』って(・・失礼なっ)。
せっかくご挨拶できそうだったのにねぇ(^^ゞ


それにしても、アンタが一番危険だよ・・・。
そんなに怒鳴るくらいなら、子供にリードを持たせないで欲しいなぁ。


父親は子供に注意を与えただけ、なのでしょうが
男の甲高い怒鳴り声って嫌なものですね〜。
犬たちもしきりに舌ペロでした。
言葉が分からないから、自分たちが怒鳴られたって思ったんだろうねぇ。
あの人、うちの犬たちには絶対、要注意危険人物になっちゃったと思うよ(笑)


疲れて帰って来て、奥さんに『犬の散歩行ってよ』とか言われて
出されちゃったんだろうか・・・。
疲れているのに、子供にせがまれたんだろうか・・・。
でも子供や犬と接するときは、心の余裕が大切だよね。
いやいや。まずは他人の振り見て我が振り直せ、だね(^^ゞ







ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 10:11| 東京 🌁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

Unbearable.(真夜中のセミ)





IMG_2577.JPG



今年の暑さ。
身体に悪い暑さだと思います。


周りでも、体調を崩す人や動物がすごく多い。
この夏が越せなかった犬猫も周りに多くて、悲しい。
うちの犬たちもあまり調子良くない。


数日前、ちょっと朝夕に秋の気配が、なんて思っていたら
ここのところはまた猛暑日が続いていますよね。


問題は、最高気温ではなくて、最低気温の高さなんだよね。


最低気温の時間帯を探して散歩に行こうと思うのですが
それにしても、高すぎる。
夕べも真夜中に行きましたが、住宅地はまだ30℃近くあり、
湿度も高く、風もない。
うちの周辺を1匹ずつ一周。
15分ほど、なるべくゆっくり歩いたのですが、犬たちはすぐにハァハァ。


もう8月も中旬なのに、真夜中にジージーとアブラゼミ?が鳴いているって
おかしいでしょ。
散歩から帰ったら、犬に付いてセミが家の中に入って来ちゃって大騒ぎだし(笑)
以前は素手でトカゲを捕まえていた娘が、今ではセミが怖いんだって。
年頃になるってこういうことかもね、なんて思ったりして。
ワタシ? 素手OKよ(爆)



朝なら涼しいのかと言うと、5時前に起きても、涼しくない(――゛)
どっちにしても夜中の1時に散歩に行って、朝の5時には起きられないけど。


で、この数日は、可哀そうかなぁと思いつつ、
犬の散歩はほんのちょっとだけにしています。
ワタシが辛いだけで済むなら頑張るのだけれど、
散歩で得られる健康上の利点と、身体への負担を天秤に掛けると
うちの犬たちの場合は、この時期に来てのこの数日の暑さは、
散歩のメリット < 負担、そんな気がしちゃって。











ラベル:犬と歩く
posted by ルークママ at 19:54| 東京 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

A Born Natural. (そう思うからそうしているだけ)




IMG_2602.JPG
左から、サラ・ルーク・ロキ。
それぞれでいいんじゃね?




今日もロキの話なのですが。


ロキを見ていて最近、ふと思うことがあります。


良く、一般的なしつけ論みたいなもので
前を歩かせちゃいけない、とか、人より高い所に乗せてはいけない、とか
言われているじゃないですか。
犬に主導権を取られるから、とか、主従関係が正しく構築できないから、とかで。


うちの4匹を見ている限り、うちではこういうことは当て嵌まらないなぁ
と思っているので、この手のことは気をつけたことがありません。


ルークとオーパスは1歩私の前を歩くけれど
リードは弛んでいるし、ツイテですぐに戻って来る。
ミューズとオーパスはワタシがソファに座っていると
背もたれの部分に乗っかって寝ているけれど
それがワタシを見下している行為だとは感じられない。


でも4匹とも普通レベルに従順だと思います。
そりゃぁ、主張するときもあるし、ワガママ言うこともある。
でもロボットじゃないんからワタシは100%服従は求めていません。
家庭犬なんだし。
寄り添ってそこに居てくれれば、それがワタシには一番の幸せ。



IMG_2636.JPG



でもロキは、ちょっと違う。


ロキは滅多にワタシの前を歩きません。
数歩前に出てしまうと、自分からすぐに戻ってきます。
回り込むように戻って来るので、かえってややこしい(笑)
そのまま前を歩いてぇ〜って思う(^^ゞ



ワタシがソファに居ないときにはソファで寝たりしますが
ワタシがソファに座ると(座ろうとすると)
そっと自分から降りて、足元で寝ます。


歯を見せるような威嚇の最中でも『ロキ』の一言で
目線と意識はワタシに戻ります。


そしてこれらは、『このように教わった結果』ではなくて
ワタシを自分より上と認識しているから
自然にこういう行動をとるように思えて仕方ないのです。


ロキは生まれつき、人側に犬であり、
人に対して、飼い主に対して、ものすごく従順な犬で
ワタシのことを実際よりずっとずっと大きな存在と感じているのではなかろうか。。。。。


で、ふと思ったのですが
(ここから先はワタシの勝手な妄想ですので)
このように、ナチュラルにこういう行動を取る犬を見て
『このような犬に仕上げなくてはいけない』
と人間が思ったのかなぁ??? と思ったのです。


はい、ホントに勝手に思っているだけですから
『んなバカな』と思った人はスル―、スルー(笑)



IMG_2537.JPG




でもこれも個性の一つだと思うのです。


そういう犬は完璧か、と言ったら決してそうではないですよ。
何も教えなくても簡単に飼えるのか、言ったら
そうでもないと思いますよ。
・・・トイレだって失敗するしね(爆)


逆に、前を歩く犬や、飼い主より高い所で寝る犬が
すべて主従関係が逆転しているか、というとそうではないと思うのです。
まぁ、中にはそんな犬も居るのかもしれませんけど。
ワタシはたくさんの犬を見ているわけではないから
絶対ない、とか言えませんし。


でも知り合いの小型犬で、ちょー引っ張り犬の飼い主さんは
自分をバカにしているから引っ張る、とおっしゃいますが、
実際は運動不足とケージ飼育のストレスだと思うんだぁ〜。
有り余ったエネルギーが猪突猛進のような散歩に繋がっているように見えるんだけれど(^^ゞ


あ、、、ちょっと話がずれますが、
この『私をバカにしてるから』はトレーニングをしないことに対する言い訳と感じるのはワタシだけですかね。
だから、仕方ない。私は悪くない、みたいな(苦笑)


それにしても、ロキ。面白い。


























ラベル:犬と考える
posted by ルークママ at 10:48| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

Feed Into Dog's Excitement. (だから、違うってば)




IMG_2662.JPG
これは階段の下で私が降りて来るのを待つ犬たち。



うちは2階にリビングがあるので、
朝起きて来たときや家に帰って来たときに
2階へ上がって来ます。


ワタシが出かけるとき、犬たちは2階でフリーなので
帰ると、犬たちは階段の上がり口で尻尾を振って待っています。


喜んで軽く飛びつく子もいますが、大騒ぎにはなりません。


娘のときは、もうちょっと犬たちは喜んで
ヒュンヒュン言う子や飛びつく子もいますが
娘は一切それに取り合わず、目も合わせず、声も掛けず
早々にキッチンに入ってしまうので
(朝の娘は忙しく、低血圧なのでちょっぴり不機嫌・笑)
多少の興奮はあるものの、すぐに納まります。


ダンナのとき・・・。
あ〜〜〜、これが厄介(爆)
ヒュンヒュン、ピーピー。
ワンワンッ!!も居る。
オーパスは興奮でおもちゃを咥えてぐるぐる回る。
ルーク以外は全員飛びつく。
大騒ぎ、です。


ちなみにルークはおりこうさんだから飛びつかないのではなくて
この不安定な喧噪が嫌いなのです。
興奮し過ぎると小競り合いが起きることもあり、それが嫌なので
一歩引いたところでじっと大人しくしています。



で、ダンナはどうするか。
飛びついて来た犬を撫で、声を掛け、
落ち着きかけた犬を呼んで、また飛びつかせる。


人の対応が犬たちにどう影響しているか。
う〜〜ん、見本のようだ(爆)


興奮と喜び。
似てるけど違う。


















ラベル:犬と家族
posted by ルークママ at 11:29| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

Reading Into The Micro Expressions. (視線を読む)





IMG_2622.JPG



昨日はおトイレの失敗0だったロキちゃん。
今日もその調子だ、頑張ろう(^o^)丿


ロキちゃん、だいぶ視線が読めるようになりました。
退く、ということも上手にできるようになりました。
よって、怒られることも少なくなりました。


昨日はこんなことがありました。
寝ているサラの鼻先を横切ろうとしたロキ。
サラにジロッと視線を向けられて
目線を外しながらそっと2〜3歩後退り、進路変更しました。


この光景を目撃した友人が、『あら、可哀そうに』。
『家の中でも遠慮しないといけないなんて、可哀そうね』。


そうかな(^^ゞ  ワタシはこう思うんです。
ワタシは眠っているときにどーでも良いこと
(『ねぇ、ゴミ袋ってどこだっけ?』とか)で
起こされると、ムカっとします。
娘が(遊び)疲れているときに、『ねぇねぇ、ママと玉高、行こうよ〜』と
しつこく誘うと、怒られます。
そして、あまり親しくないのに、会話中に腕や背中をバンバン叩かれたり
必要以上に顔を寄せられるのは、
あまり居心地の良いものでは無かったりします。


『距離感』や『居心地の良さ』ってとてもパーソナルで
主観的なことではないでしょうか。


IMG_2656.JPG


犬とワタシとの関係を考えると、
犬たちはワタシの子供のようだったり、ときには孫のようだったり(笑)
だから大抵のことは許せちゃったりします。


夜中にダンナが帰って来て、大きな音を立てて起こされると
ムッとするくせに、
犬が夜中にベッドに飛び乗って起こされても腹が立たない、とかね(笑)


でも犬同士にそれを押し付けるのは、違うと思うんです。
特に、成犬同士のお付き合いでは。


『親しき仲にも礼儀あり』じゃないかしら。


お互いが嫌がることをしない。
パーソナル・スペースを尊重する。
この小さな一軒家でみんなが居心地良く暮らすには
自ずとそういうルールがあるように思います。
そしてそれは群れの構成によって、または
家庭によって、多少違うのでしょうね。


そして、ジロッと見られて、退く。
これはとても平和的な解決方法だと思うのです。
この一瞬の目線に気づけないから、
『ウ”ッ』だったり『ギャゥ』だったりになるのではないかな。


話はちょっとずれますが、Micro Expressionsということばがあります。
微細な表情のことです。
一瞬の顔面や身体の筋肉の動き。
一瞬・・・眉が上がる、口元が閉まる、鼻が膨らむ、頬が上がる、
口角が緩む、肩に力が入る、目線が泳ぐ、拳を握る、
などなど、ほんの一瞬の筋肉の動きですが
人はMicro Expressionsを常に発しており、
また他人のMicro Expressionsを見逃さないそうです。
そうやって、妻は夫の浮気を見破るんだよ〜〜(爆)


あはは。でも人は言葉の内容とMicro Expressionsの整合性を
常に無意識にチェックしているそうですよ。


何が言いたいのかと言うと、犬は『あのね、これはやめてね』とは
言葉で説明ができないので、表情や動作で伝えることが
とても大切なのではと思うのです。
そしてそれが読めるようになることも同じく大切なのだと思います。


もちろん、行き過ぎと感じた場合は介入しますが
犬たちの会話を冷静に見守ることも大切だと感じています。
そのバランスは難しく、迷うことも多々ありますけれど(^^ゞ










ラベル:多頭飼い
posted by ルークママ at 10:14| 東京 🌁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

How Far Along Are We ? (初めまして。どうぞよろしく。)





IMG_2503.JPG



最近、山小屋や家の近くを散歩していて
気付いたことがあります。


それは、『保護犬』を飼う人がすごく増えたこと。
“すごく”と言っても、まだまだ頭数はマイナーですが
以前よりずっと多くなったように思います。


仔犬が多いのですが、ときどき成犬もいます。
この間会った人は、4〜5才の大型犬(純犬種)を
保護団体経由で、保健所から引き取ったそうで
まだ若いのに、おっぱいが垂れ下がっていて
かなりの出産経験があるようだ、と仰っていました。


犬や人には慣れていない、と仰っていましたが
ミューズと穏やかに遊んでくれて、
ワタシにも寄って来て頭を擦りつけてくれました。


昨日会った7カ月(くらいらしい)の子犬は
ちょっと怖がりさんだけれど、明るい感じの子で
耳、ストップ、マズルの感じが牧羊犬っぽい。
連れていたオーパスとロキに興味津々で
一歩離れたところでオスワリして、
耳をくるくる動かしながら、様子を見る姿がすごく可愛かった。


この子は、眼が明くか明かないうちから
兄弟と保健所に持ち込まれた子だったそうだ。
良く助かったと思いました。
きっと陰で尽力なさった方たちがいらっしゃったのでしょう。


ワタシが子供だった頃。
ワタシはすぐに捨て犬や野良犬を拾ってくるので
ずいぶんと母親に叱られました。


実質、お世話をするのは母ですから
そりゃぁ怒られて当然でしょうね。
中には、治療できないほどフィラリアが酷く
ワタシが学校に行っている間に、獣医さんに連れて行って
安楽死をお願いした犬もいたそうです。
大人になってから知ったことですが。
母には迷惑を掛けました。


現在、保護犬を飼っているわけでもないので
『保護犬を飼う是非』について、何か述べたい訳ではありません。
そんな大それたことは思っていません。


でも、お散歩で新顔を見つける。
人とご挨拶を交わし、『これからどうぞよろしく』と犬に声を掛ける。
そのときに、『保護犬なんですよ』と言われることが増えるのは
なんだかとても嬉しい。


LAに住んでいたとき、『シェルターから来たの』と聞くことは
決して珍しいことではなかった。


日本もフツーに保護犬を受け入れる家庭が増えているんだなぁ。
上手く言えないんだけれど、とても嬉しい気持ちだったの。


















ラベル:犬と散歩
posted by ルークママ at 10:55| 東京 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

I'm Not Mad At You. (ロキとトイレ)




IMG_2524.JPG


さてさて。
ロキが我が家にやって来てもう少しで2カ月。
すっかりうちの子になってきました。


まだまだ小競り合いや教育的指導(笑)は入るけれど
だいぶ空気を読むように。


犬同士の関係はだいぶ安定してきたものの
未だに『難有り』なのが、トイレ・・・(T_T)


小型犬やMix犬も飼いましたが
実はトイレでこんなに苦労するのは初めて。


山小屋では、ほぼ失敗がなかったので
やっと覚えたか、と安心したのですが、
たぶん、それは、板張りで、ラグはシャギーだったから?



IMG_2551.JPG
外トイレ中!


なのに。なのに。
帰ってきた途端に、2日続けてカーペットにオシッコ(涙)


昨日、失敗されたので、今朝はトイレが済むまでサークルに入れて様子見。
ウンチをしたので、片付ける間、出していたら
カーペットでオシッコされてしまった。


ロキちゃん、どうせなら逆が良かったよ(T_T)


もともとロキはトイレはほぼ失敗のない子だったらしい。
うちでも、『どこでもしちゃう』訳ではない。
一番して欲しくない、リビングのカーペット限定(笑)


どうも、前のお家のトイレの素材とうちのカーペットが
たまたま足触りが似ているのだと思う。


だからきっとロキとしては『正しい場所』なのだと思うんだ。


タイミング良く連れだせば、おしっこは外でもできるようになったし
改善していない訳ではないのだけれど
成犬のトイレの失敗は量と言い、匂いと言い、なかなか厳しいよ。


でもトイレを成功させるのは
『失敗させないこと』と『叱らないこと』。


失敗したら、それはワタシが悪い。
タイミング良く誘導できなかったんだから。
そして、失敗させるから、失敗するようになるので
これもワタシが悪い。


子供のトイレ・トレーニングと一緒だねぇ。
親が頑張り過ぎると、子供がその雰囲気を敏感に感じ取って
拗れるんだよね(笑)


あ〜〜〜、でもロキの無邪気な笑顔を見ていると
『一生このままだったらどうしよう』とも思うけど・・・(T_T)






















ラベル:犬と暮らす
posted by ルークママ at 11:48| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

Double Trouble. (ダブルぎっくり)






はい、読んだ通り。
おっさん2人、ぎっくり腰です(T_T)


昨夜、急遽、山から下りてきました。


人間の方のおっさんは山に着いた次の日にぎっくり。
直接の原因は不明だそうですが
たぶん疲れも溜まっていたのでしょう。
現在はもう大丈夫だそうです。


が、犬の方のおっさんは、昨日の朝までは
特に変わった様子もなかったように走っていたのですが
(でも思い返してみれば少し大人しかったかも)
昼過ぎから、部屋ではソファに乗らずに、
テーブルの下でずっと伏せている。


IMG_2581.JPG
先頭を切って遊ぶおっさん。


トイレで外に出したときに
数歩、歩いては座ってしまう。
歩くときは、背中を丸めて腰を庇っている様子。


立ったり座ったりのときに、舌ペロをしている。
あ、ストレス・シグナル!
痛いんだ、とすぐに分かりました。
なので、すぐにケージ・レスト。


夕方には、トイレで外に出しても
座り込んでしまいました。
この時点で山小屋から撤収。
夜もケージで寝せて、とにかく安静にさせました。


今朝、かかりつけの先生に診て頂き
やはり、人で言うところのぎっくり腰のようなものでしょう、
という診断でした。


今年は梅雨前からの異常な暑さで
ルークとサラは散歩を軽くしていました。
ここにきて、急に、毎朝の犬同士の遊び。
自由運動とは言え、走りすぎたようです。


IMG_2578.JPG
まるでポインターのようにディスクを狙うおっさん(笑)


痛み止めの注射をしてもらい、
2日間は安静にするためにケージ・レスト。


先ほど、トイレのために庭に出したときは
背中の丸まりも取れ、足さばきも軽くなっていました。


2つほど、気付いたことがあります。


まず、クレート・トレーニングをちゃんとやっておいて
良かったなぁと思ったこと。


先生も仰っていましたが、こういうときは
安静にすることが一番大事。
痛みがあるときは、犬も自分から大人しくするのですが
一番注意が必要なのは、痛み止めが効いているとき、なのだそうです。


痛みがないので、つい動いてしまう。
ソファに飛び乗ったり、人に飛びついたりもしてしまう。
そこでケージ・レストにするわけですが
ケージが嫌いだったり、慣れていない犬は
ケージに閉じ込められることがストレスになり
中でガリガリしたり、暴れたり、ワンワン吠えたりする子もいるそうです。


ルークが最初にうちに来たとき。
クレート好きにすることはとても大切なこと、
とブリーダーさんから教わり、
『クレート=安心できる巣穴』と認識できるように
少しずつ慣らしました。


災害時にも役に立つだろう、という考えもありました。


留守番のときも、犬たちは基本“出しっぱなし”なのですが
部屋の隅に置いてあるクレート(ドアは開けっぱなし)には
いつも誰かが入って寝ています(^^ゞ


こんなときに役立って嬉しいやら悲しいやら、ですが(笑)


もう一つは、去年の12月に行ったドッグ・ドック。


レントゲン、超音波、血液検査、尿検査、などのデータが残っているので
そのときのレントゲン画像を見直して、
背骨や股関節の状態を確認することができました。
背骨・股関節・膝などはとてもきれいなので
ホネではないだろう、という診断も安心できました。
(もし原因がCHDなら、その時点ですでに徴候は現れていたでしょうから)


IMG_2588.JPG
逃げるロキ、追うミューズ、それを追うサラ。


犬種的なこともあり、
また、特別に過酷な運動をしていた訳でもないので
好きなように走らせていましたが
『もう若くはない』ことに対する
労わりの足りなさに心から反省。


本当にごめんね。


(あ、、、人間のおっさんの方はカンペキ自己管理不足ですな。)


今年の夏は、人も犬も少し大人しくしようと思っています。








ラベル:犬と病気
posted by ルークママ at 19:24| 東京 ☁| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

Love You Just The Way You Are. (楽しむ)

image/2010-08-08T10:50:051



ホントにマイペースなこのお方。


みんなで庭で遊ぶんだけど
まず『終了』の合図を無視する。


『おふろ』の合図で、全員、玄関からお風呂場に直行。
もちろん、まだ遊ぶ、と一人庭に残ろうとする。


ダンナに追い立てられ(笑)、最後に風呂場に入り、
狭い風呂場で、みんなが大人しく足を洗われる中、
一人シャワーの水と格闘。
おかげで全員、びしょ濡れ(爆)
でも本人はすごく楽しそう。


足を洗おうとすると逃げる。
だから足洗いはいつも最後。
でも上がるのはいつも最初(笑)


拭かれるのが嫌で、どさくさに紛れて
そのまま逃げようとする。


ドロドロの玄関のたたきに一人嬉しそうに戻っていたりする。


自由人だね。
posted by ルークママ at 10:54| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

She Has Sensitive Ears. (恐いんだから仕方ない)

image/2010-08-06T13:47:491



犬の横顔が一番好き。


ところで。
ここは富士の演習場に近いので、
大砲(…で良いのかな)の音が響いて来ます。


ミューさん、ホントに音モノはダメで(/_・、)


このドーンと言う音にも吠えてしまう。
怖いので、ワンワンではなくてキャンキャン。
かなりかんに障る声です(^^;)


なので、ドーンと鳴ったら、ソッコー 『ミューズ〜♪』
寄って来るのでフード。
そのためにフードを入れたタッパーを常にそばに置いて
ご飯は少し減らしています。


以前は、『こら、うるさい!』と叱ったり
そんなことしていたら、食べ物欲しさに益々吠えるのでは?
と言っていたダンナも、今では『ミューズ♪』→フードを実践してくれています。


『あれは音だけだから、怖くないんだよ』
『吠えなくて良いんだよ』


そう分かってくれれば一番良いのだけれど、
臆病なのは生まれつきの性格だから仕方ないね(笑)


私も夜になって周りが真っ暗になると
思わず周りを見回しちゃったりして
何かが動こうもんならドキドキしちゃう(笑)
だからミューさんの気持ち、分かるよ(^^;)


一昨日、湖畔で友人たちと一緒だったときも
時折、ドーンと鳴っていたんだけど
音が聞こえてミューズがザワってなるたびに
誰かが穏やかな声で『ミューちゃ〜ん♪』と声を掛けて下さいました。
吠えてしまっても、『ミューちゃ〜ん♪』。
一見ヘンかも知れませんが、
怖いときの悲鳴に近いので(ミューズの場合は)このとき強く叱ったり、
首を掴んで押さえ込んだりすると
恐怖心からパニック吠えを起こしてしまいます。


声掛けとフードで気を逸らせて冷静な状態を保たせる、
パニックに移行させない、
我が家ではこのように対応しています。


何も言わなくても、説明しなくても、
同じように対応してくれる友人はありがたいなぁと感じました♪
posted by ルークママ at 14:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

Social Grace. (人が好き)

image/2010-08-05T12:32:551



↑ 祝・再会
〜〜なんちゃって〜〜(^^;)


本当の『祝・再会』は、昨日、久しぶりに会えた友人たち。
気のおけない友人たちと会うのって
なんでこんなに清涼感があるのかしら。


人のネガティブな部分は伝染するけれど
人のポジティブな部分も伝染すると思います。


だから、ポジティブな部分をたくさん持っている人たちと
一緒に過ごせる時間は本当に幸せ(^▽^)ノ
元気になれる!


尽きない話に時間を忘れておしゃべり。
これ、ワタシには最高のストレス解消(笑)


私は犬が大好き。
人も大好き。
自分の犬たちと、自分たちにとって最も自然な方法で
穏やかに、楽しく、毎日を暮らしたいと思っています。


いくら犬に優しくありたい、と思っても
人や自分に優しくできなければ
本当の意味で優しくないかも。
まずは自分のストレス・マネジメントから、かな(笑)
posted by ルークママ at 14:04| 東京 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

I'm Proud Of You. (自然と)

image/2010-08-03T14:33:441



やっと気持ち良く晴れ。
念願の布団干しができて嬉しい(笑)

今朝、犬たちが遊んでいるとき
写真を撮っていて気づいたことがあります。


ロキの目線。
もうワタシだけをいつもジッと見ているのではない。

今までは、カメラを向けると目線が合った。
でも、今朝は呼んだら目線。


慣れたんだね〜。
いつもいつもワタシのことを気にする必要がなくなったのかな。


今朝は先頭を切って走ってた。
かなり速かった(^o^)
posted by ルークママ at 14:53| 東京 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。