2010年09月10日

With Four Legs Or Two Legs; We Are A Family. (欠けてはいけない)





IMG_2455.JPG


実はサラ、入院していました。
でも今日、退院。
無事、元気に帰宅しました。


こんなにいっぱい犬がいてもね、
1匹とて欠けてはいけないんだ。
だって家族だから。
全員揃って、初めて家族なんだよね。
家族ってそういうものなんだなぁ、としみじみ思います。


なんで入院か、と言うと。
先週末、犬と衝突した衝撃で
左後足の股関節を脱臼してしまったから。


レントゲンを見ると、左後足の股関節がスポンと外れてしまっていて
大腿骨の骨頭が上に飛び出しています。
背筋がぞくっとするような位置にありました。


いくつかの選択肢を検討した結果、
骨頭切除、つまり骨頭の部分を切り取ってしまう、
という手術を火曜日にしてもらいました。


術後の経過も順調で、今日、退院しました。
元気です、というのもヘンですが
いつも通りのしっかりした表情をしています(笑)


それにしてもサラ・・・というか、犬は強い。
体調的な事情があり、鎮痛剤は手術当日しか投与していないので
動くとかなり痛いはずなのに、手術の前も術後も
自分で歩いて動きます。


手術後も、トイレのためにケージを開けると
自分から出て来て、ドアの方へ向かい、
さっさと帰ろうとしたそうです。


自分で歩いてトイレをして
キュンともヒィとも言わない。
『助けて』という目線をまったく送って来ない。


連れて帰って来たときも、車から降ろすと
ヨタヨタと歩き出し、抱っこを拒否。
家の周りを一回りして、いつもの草むらでトイレをして
玄関を開けると嬉しそうにさっさと段差を上がって家の中へ。


ごはんもガツガツ食べるし、決して弱音を吐かない。
動物ってすごいなぁ。
もしこれがワタシだったら、まず精神的に参ってしまうし、
痛みでまったく動けなくて、きっと大騒ぎするだろうなぁ。


でもサラは、淡々と自力で動きます。
弱さを見せるとか、諦めるとか、手助けしてもらうとか、
そういう選択肢は彼女にはないようです。
犬ってすごい。
を生きるってこういうことなのかも知れない。
このこそが大切なんだって
動物はちゃんと知っているんだなぁ。








ラベル:犬と病院
posted by ルークママ at 23:30| 東京 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サラちゃん、無事に退院できて、よかったです。
私も犬って本当に強いなと思います。
本能的な部分もあるんだろうけど、弱みを見せないですよね。
特にサラちゃんはよりその傾向が強いだろうなって気がします。
犬は将来を心配したりすることなく、
今を一生懸命生きている動物ですよね。
だから強いのかな。

>>全員揃って、初めて家族なんだよね。
同感です。
誰一人欠けてはいけませんよね。

P.S.
先日の写真の出来上がりが、今日の写真なんですね。
こんなシンプルな色使いのアレンジ、とっても好き♪
Posted by yoko at 2010年09月11日 07:46

☆☆☆ yokoさんへ ☆☆☆

ご心配ありがとうございます。
入院・手術で疲れてはいますが、体調は良いです。
ちゃんと食べてくれるので薬も飲めるし、体力もさほど落ちなくて済むので、『喰意地が張っている』ことの大切さを感じています(^_-)

犬って本当に弱みを見せませんね〜。確かにサラは特にその傾向が強いようです。脱臼直後、獣医さんに触診されたのですが(そのときは脱臼なのか骨折なのか靭帯なのか分からなかったので)、まったく暴れず声も上げず、ジッと我慢しました。

犬は『今』が安全で安心できるなら、それ以上を望まない、淡々と今を生きていますよね〜。動物の強さってそこかも知れないなぁなんて今更ながらに感じました。先生も『犬の強さを人は見習わないといけない』と仰っていました(笑)

サラが帰って来たとき、ものすごい安堵感があって、良く考えたら『全員揃ったこと』の安堵感だったんですよね。犬も家族、と言うけれど、本当に家族なんだって痛烈に思いました。

>>先日の写真の出来上がりが、今日の写真なんですね。

そうなんです♪ ありがとうございます♪
夏のグリーンは涼やかで作っているときもとても爽やかでした。
Posted by ルークママ at 2010年09月11日 08:23
あ〜泣ける…
そんなに大変なことがあったのですね。
とにかくサラちゃん、無事に手術が成功して良かったです。
ルークママさんも、他の仔達も普通に出来るってすごいな。
皆さん、お疲れ様でした。

私だったら、オタオタしちゃう。
白衣を着てた時は平気だったのに、身内のこととなるとどうしようもなくヘタレです。

やっぱり犬達は先生です。
はなだけではなく、こうしてお仲間さん達のワンズから教えて頂くこともたくさん。

サラちゃん、生きていくことの底力を教えてくれてありがとう♪
早く回復することをお祈りしています。

Posted by はなのおかぁちゃん at 2010年09月11日 10:33
サラちゃん、お帰りなさい!
あらためてサラちゃんのしなやかな強さを感じました。
がちがちの岩のような強さでなく、しなる竹のように柔軟で、でも折れない強さ。
ルークママさんがおっしゃるとおり、「今を生き」ているんですね。
人間なら多くの人が「あの時あんなことをしなければ」「これから一体…」と悔やんだり思い悩んだりするでしょう。
なかなか見習えないけれど、サラちゃんの強さを目標にしたいです。

サラちゃんに早く会いたいです。
でも、サラちゃん、あんまりムリしないでね!
Posted by Pan at 2010年09月11日 12:03
え〜〜サラちゃん、そんな事件があったんですね!
無事退院できてよかった。大変でしたね。

同じオバチャン仲間だと思っていたけど(爆)
サラちゃんの方がずっと大人だな・・・
人族のオバチャンが入院したら、きっと大騒ぎ〜
今後私の目標とさせていただきます!
どうぞお大事にね・・・
Posted by ハナオンマ at 2010年09月11日 22:38

☆☆☆ はなちゃんのおかぁちゃんへ ☆☆☆

>>とにかくサラちゃん、無事に手術が成功して良かったです。

ご心配頂きありがとうございます。
生き物を飼っているといろいろあるなぁ・・・と実感してしまいました(^^ゞ

>>白衣を着てた時は平気だったのに、身内のこととなるとどうしようもなくヘタレです。

そうでしょうか?(^^ゞ おかぁちゃんはいざとなったら腹が据わるタイプとお見受けしていますが(笑)
今回のことは、悩んでいる時間の猶予がなかったので、あっという間に終ってしまいましたけれど、それが良かったのかも知れません。

>>やっぱり犬達は先生です。
>>はなだけではなく、こうしてお仲間さん達のワンズから教えて頂くこともたくさん。

同感です。犬たちのシンプルな暮らし&思考回路(笑)を見ていると、私も本当にそう思います。自分の犬たちだけでなくて、お仲間さんたちの犬たちからもたくさんを教わっています。

>>早く回復することをお祈りしています。

ありがとうございます!(^.^)

Posted by ルークママ at 2010年09月12日 08:28

☆☆☆ Panさんへ ☆☆☆

ただいまです〜〜(*^^)v
いろいろご心配をお掛けしました。
本犬、いたって平静です(笑)

>>あらためてサラちゃんのしなやかな強さを感じました。

なるほど! 動物の強さってそういうことなのかも知れませんね。
その状況、状況に上手に対応して生き延びようとする、そういう強さは柔軟性を感じさせますね。

>>人間なら多くの人が「あの時あんなことをしなければ」「これから一体…」と悔やんだり思い悩んだりするでしょう。

これは、私が・・・(爆)「あの時止めていれば」等々。
本犬は、、、、たぶん犬と一緒に走ることは止めてくれないでしょうねぇ(涙)

>>なかなか見習えないけれど、サラちゃんの強さを目標にしたいです。

うん、あの痛みに対する我慢強さはちょっと無理だけど(笑)

>>サラちゃんに早く会いたいです。
>>でも、サラちゃん、あんまりムリしないでね!

ありがとうございます。
また歩けるようになったら一緒に散歩してやって下さいね!

Posted by ルークママ at 2010年09月12日 08:38

☆☆☆ ハナオンマさんへ ☆☆☆

おかげさまで無事、帰ってきました。
ご心配いただきありがとうございます。

>>同じオバチャン仲間だと思っていたけど(爆)
>>サラちゃんの方がずっと大人だな・・・
>>人族のオバチャンが入院したら、きっと大騒ぎ〜

あはは。私も、私だったら絶対にこの世の終わりとばかりの大騒ぎだったなぁと思いました。
でももうちょっと傷を自覚して安静にして欲しいんだけど(^^ゞ
Posted by ルークママ at 2010年09月12日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。